美容・健康

冬の通勤のパンプスが寒い!寒さ対策に役立つグッズとスーツの工夫

更新日:

冬 通勤 パンプス 寒い

真冬にスーツでパンプスはいて出勤って、本っっっ当に寒いですよね!

東京とはいえ真冬だと0℃近くなる日もあるし、家から駅までのわずかな距離でも凍えます。

そんな冬の寒い日にパンプスで出勤しなきゃいけない時に私がしていた寒さ対策を紹介しますね。

スポンサードリンク

冬の通勤のパンプスが寒い!

派遣や契約であちこちの職場で働く中で、私にもありました、真冬にスーツとパンプスで出勤しなきゃいけない職場。

真冬のパンプスって本っっっ当に寒いですよね!

早朝や日が暮れてからの帰宅時間は外に出た瞬間に足の甲がキンキンに冷えていっき凍えます

(((;´д`)))ガタガタ

ストッキングってほぼ生足じゃん!!この季節にスーツでパンプスっておかしくない?!?

と心の中で何度叫んだことか。

で、あまりに寒いので私もいろいろ試しました。

まずやったのがストッキングの重ね履き

社会人になりたての頃は何着もスーツを持っていなかったのでスカートしか持ってなかったんですよね。

で、あまりにも寒いのでストッキングを重ねて履いていたことがあります。

やってみるとわかるんですが、ストッキングをあまりに重ねすぎるとおばさん感がものすごいです・・・

なので、私の経験では肌色ストッキングは2枚、黒ストッキングでも3枚が限度です。

重ね履きする時はあえて薄手のストッキングを選びます。

あと、あまり締め付けがないタイプのストッキングのほうがいいです。

最初の頃は、スーツだからストッキング履かなきゃ!とこんな涙ぐましい努力をしてました。

でも、やっぱりストッキングはストッキング。

重ね履きすれば1枚で履くより多少ましですけどやっぱり寒いんですよね~

(/_<) ナケルネェ

で、私の面の皮が厚くなってきた頃からはだんだんストッキングのかわりにタイツを履くようになりました。

スーツにタイツって社会人としてどうなのかなぁ?と思うところはあったんですが、意外と注意されたことはありませんでした。

↑ちなみに、私がスーツにタイツを履いてたのは量販店での接客業をしている時。

仕事中も入り口から風がピューピュー入り込んでくるのですごく寒い職場だったんですよね。

スーツでタイツを履く時に気をつけていたのは色と柄です。

当然、色は黒で柄のないシンプルなタイツを選びます。

タイツでもデニール数が低い物だとうっすら透ける感じがあるので「デニールの高いストッキングです!」と言い張れないこともない。

最近はヒートテック素材とか薄手でも保温性の高いタイツがたくさん売られてますよ。

でも温かさを求めるならやっぱり透けない厚さのタイツがいいですね。

あと、真冬のめちゃくちゃ冷え込む日なんかは通勤の時だけ裏起毛のタイツを履いてたことがあります。

裏起毛だと肌触りからして温かい。

さらに200~240デニールのタイツだと厚みもしっかりしているのでストッキングとは比べ物にならないくらい暖かいです。

ただ、裏起毛でデニールも高いと本当に生地が分厚くなるのでタイツを履くと足が一回り太くなります。

なのでスーツで裏起毛タイツを履くのは通勤時だけの緊急対策で、会社に着いたらストッキングか薄めのタイツに履き替えます。

パンプスは足の甲が大きく露出しているのでここを温めるには履く物を工夫するしかないんですよね。

冬のパンプスの寒さ対策に役立つグッズ

冬のパンプスの寒さ対策では靴の中に使えるグッズもいろいろ活用しました。

まず一番に思いつくのがこれですよね

足先が温まるだけでずっとましになります。

靴用カイロといっても今はいろんなものがあるんですよね。

さらにホッカイロの効果を高めつつ足裏全体を寒さから守ってくれるのがこれ

たった一枚の中敷ですけどこれがあるかないかで冷えの伝わり方が全然違います。

真冬だとパンプスに足を入れたときにホッとしますよ。

あと、ストッキングを履く時で絶対に靴を脱がないならこれ

ストッキングの上にパンプス用のふっとカバーを重ね履きします。

微々たる違いですけど、極寒の冬はこの一枚が効果を発揮するんですよ。

スポンサードリンク

冬のパンプスの寒さ対策のためにスーツを工夫する

私がいた職場はそこまで厳しくなかったのでスーツのスカートにタイツを履いてたんですけど、中にはタイツは履けないという職場もありますよね。

あとスーツにタイツだと見た目がちょっと気になるということもあるっちゃある。

そこで、私は途中から冬はパンツスーツをメインに着るようになりました。

パンツスーツでもパンプスを履くと足の甲は出ちゃうんですけど、それ以外のところで寒さ対策をしやすくなります。

まずパンプスを履く足先は人の目に触れちゃうのでひざ下までのストッキングを履きます。

寒さ対策するなら2枚重ね履き。

で、そこより上なんですが、私はパンツスーツの下に薄手のインナーを履いてました

ヒートテック素材のスパッツなんかでもいいんですけど、パンツスーツだとラインに響くしパツパツだと恥ずかしい・・・

ということで、私はパンツスーツの下に履く重ね着用としてあえて下着のような薄手のインナーを用意してました。

パンツスーツはもともと風を通しにくいし、インナーをはけばすねまで暖められるので最高です。

あと、通勤時には足首のあたりにレッグウォーマーをしてました

レッグウォーマーも最近は薄手の素材で色も様々な種類があります。

足首を覆うと寒さがいっきにやわらぎますよ。

足首周りだけのものなら職場に着く直前に、膝まであるようなものなら会社のトイレでサッと脱ぎます。

あと、直接足を温める対策ではないんですけど、冬の足元の寒さ対策として私は体そのものを温めることにも気を使ってました。

特にお腹や太ももを温めると足先への血流がよくなるので足もぽかぽかしてきます。

お腹にホカロンを貼ったり、腹巻をしたり、スカートなら毛糸のパンツを履いたり、なかなか役に立ちましたよ。

パンプス通勤の寒さ対策まとめ

パンプスだとどうしても足の甲は出てしまうので、そこ以外をどうやって暖かくするかが寒さ対策のポイントです。

スカートとストッキングだと膝から足先までほぼ生足を出しているようなものなので、できれば冬はパンツスーツのほうがパンプスの寒さ対策もしやすいですよ。

スポンサードリンク

-美容・健康
-, , , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.