美容・健康

日焼け止めで肌が乾燥するのはなぜ?悪影響を与える成分と意外な原因

更新日:

日焼け止め 肌 感想

日焼け止めを塗ると肌が乾燥してつっぱる、ゴワゴワして不快、ありますよね。

私もこれまでアネッサとかアリーとか超強力な日焼け止めを使った時によくなってたんですが、昨年はどうもわけが違いました。

ふだん使いの刺激少な目の日焼け止めなのに顔の乾燥がひどかったんですよね。これが30代になるということなのか・・・とまた一つ実感。

というわけで、日焼け止めを塗ると肌が乾燥する原因を探った時の話や実際に試してみた対策について紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めで肌が乾燥するのはなぜ?

春先から夏にかけて手放すことのできない日焼けどめ、いや、30代に入ってからはお肌の衰えが心配で1年中使っています。

そんなわけで、日焼け止めを塗った時の乾燥やツッパリ感って死活問題というか、毎日が快適に過ごせないじゃないか!と困ってしまうわけです。

そんな風に感じ始めたのは昨年の春あたりでした。

それまでも海でのレジャーや炎天下での部活動でアリーとかアネッサとかUVカット効果が高くウォータープルーフ仕様でいかにも肌への刺激が強そうという日焼どめを塗ると「顔つっぱるー><」ということはありました。

でも急にふだん使う日焼け止で頻繁に乾燥を感じるようになり、肌のつっぱりがひどかったりカサカサしたり、白く粉っぽくなることもありました。

これが肌の衰え?三十路になったからか・・・となんか凹みました。

で、あまりに顔の乾燥がひどくて不快感がすごいのでこれはさすがに対策せねばと日焼け止めによる肌の乾燥の原因を調べてみたわけです。

すると日焼け止めによる肌の乾燥はやっぱり紫外線に含まれている成分が大きな原因でした。

でしょうね、そうでしょうとも、サンケアコスメはお肌に悪い成分が多く入ってるっていいますからね。

若い時ならここで終りなんですが、さすがにアラサーとなるとそうもいかず、さらに詳しく原因を追究。

日焼け止めの成分の中でも肌を乾燥させる大きな原因になっているのがサンスクリーン剤といわれる紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分だということがわかりました。

日焼け止めの肌に悪影響を与える成分

まず紫外線吸収剤。

その名のとおり紫外線を吸収して熱などのエネルギーに変えることで肌へのUVダメージを防いでくれるという成分です。

紫外線吸収剤は石油由来の合成成分なので、肌の乾燥の原因になっている紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を比べるとこの吸収剤のほうが肌への負担は大きいです。

紫外線からのダメージは防いでくれても、成分そのものが肌にダメージを与えるというなんともやっかいなやつです。

石油由来の合成成分というだけでも肌に悪いのに、さらに、紫外線を吸収して熱エネルギーに変える時に生じる成分が肌のバリア機能を壊したり肌トラブルを引き起こします。

敏感肌の人など、人によってはアレルギー反応や炎症を起こしてしまうこともあるということです。

これが肌をパサパサさせたりつっぱらせたりする原因の1つです。

そしてもう1つの原因、紫外線散乱剤。

こちらは酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛などの金属や、マイカ、タルクなどの鉱物の細かいパウダーで肌を覆い、紫外線を肌の表面で反射させることで紫外線からの肌ダメージを防ぎます。

パウダーで覆い紫外線を物理的に反射させるという仕組みなので、紫外線吸収剤に比べると肌への負担を比較的少なくして肌を紫外線から守ることができます。

なので、最近は紫外線吸収剤を使わず、散乱剤だけの日焼け止め商品というのも売られているんですよ。

これまで日焼け止めの成分にこだわってこなかったので気付きませんでした><

で、そういった日焼け止め商品を実際に手にとってみました。

感想としては散乱剤だけの日焼けどめはドロッとした感じでべたつきがやや気になります。あと白く浮いてしまうのも気になりました。

やっぱり良いところだけとはいかないようです。

あと、紫外線散乱剤はものすごく細かな粒子の粉を使うわけですが、この粉が肌の皮脂や水分を吸収してしまうのも乾燥の原因になるそうです。

高い商品だとこの一粒一粒をコーティングして水分を吸い取るのを防ぐので使い心地を向上しているとのこと。

でも、日焼け止め自体の水分が飛んでしまうと粉だけが残るのでどうしても肌がつっぱる感じになるんだとか。

知れば知るほどUVカット商品って悩みが多いです。

スポンサードリンク

日焼け止めで肌が乾燥する以外な原因

そしてもう一つ、日焼け止めで肌が乾燥すると感じる意外な原因がありました。

それが、肌そのものの乾燥です。

灯台下暗しというか、日焼け止めのせいだと思い込んでたけど実は自分の肌じたいが乾燥していたという。

体調や肌コンディションなどで一時的に肌のバリア機能が低下したりしてると肌が乾燥しやすい状態になるし、日焼け止めを塗って刺激を与えることで乾燥を感じやすくなるということです。

確かに、30歳をこえてから肌質が変わったなとは思っていたし、お金がない時はどうしてもプチプラ基礎化粧品での簡単なお肌ケアになっていたので肌の乾燥は進んでました。

なんていうか、絶対日焼け止めが悪い!と思ってたんですけど、まさかここでスキンケアの見直しに気付かされるとはって感じです。

あと、刺激の強い日焼け止めやウォータープルーフの日焼け止めはなかなか落ちないので顔を洗いすぎてしまい、それがさらに肌の乾燥を進ませる原因になるので気をつけたいところです。

日焼け止めで肌が乾燥する原因まとめ

そんなわけで、私が30代に入ってから感じた日焼け止めによる肌の乾燥は、日焼け止めそのものの成分と自分の肌のコンディションが原因でした。

続いて、肌が乾燥しない日焼け止めの上手な選び方や対策を紹介します。

スポンサードリンク

-美容・健康
-, , , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。