北海道

千歳基地航空祭でブルーインパルスを見る場所取りは必要?開門時間は?

更新日:

千歳基地航空祭 ブルーインパルス 場所取り

千歳空港航空祭の最大の見所といえばなんといってもブルーインパルスの空中ショーですよね!

できればなるべく良い場所で見たい!と思うので、早く行ったほうがいいのかな?と場所取りや開門時間が気になるところ。

そこで、千歳基地航空祭のブルーインパルスを最前列で見るための場所取りや、航空祭当日の開門時間について紹介します。

スポンサードリンク

千歳基地航空祭でブルーインパルスを最前列で見るには?

ブルーインパルスが飛ぶ航空祭に行くんだったらなるべくいい場所で見たい!と思っちゃいますよね。

でも、航空祭ってものすごいファンの人も多いし、そんな簡単に良い場所を取れるんだろうか?と。

せっかく会場に行ったのにブルーインパルスが見られなかったら嫌だなって心配になりますよね。

でも、安心してください。

まずですね、ブルーインパルスがちゃんと見られるかどうかに関しては、ブルーインパルスが飛べば会場のどこにいても空中ショーはちゃんと見られます。

天候が悪いとあまり派手な技はやらないですが、それでも飛びさえすれば飛行しているブルーインパルスの姿はどこからでも見えますよ。

それでも場所取りをする人がいるのはなぜなのか?というと、やっぱり前列じゃないと見られないものがあるからです。

航空祭のブルーインパルスの演目はパイロットが機体に乗り込む飛び立つ前から始まり、飛行を終えて着陸してパイロットが降りてくるところまでが一連になっています。

で、前列にいるとウォークダウンと呼ばれるパイロットの行進や隊員が機体に乗り込む様子、飛行前点検、エンジンスタートなど飛行前の様子をしっかりと見ることができるんです。

さらにブルーインパルスが滑走路に向かい移動する様子や、滑走路で一気に加速して飛び立つ姿、空中ショーを終えて着陸し隊員が降りてくる様子なんかも間近で見られます。

なので、ブルーインパルスが駐機している規制ロープの最前列あたりはものすごい人気で場所取りしている人も多いんですね。

千歳基地航空祭での場所取り

千歳基地航空祭では特に観客席というか観覧席が決まっているわけではなく、地上展示の飛行機のまわりに張られている規制ロープの外側で自由に見るというスタイルです。

ただ、ブルーインパルスの飛行はものすごい人気なので、ブルーインパルスの演目の時間が近づくにつれてブルーインパルスの機体の前には人が集まってきます。

なので自然とそのあたりが座って見るスペースという感じになります。

で、千歳基地航空祭では場所取りは別に推奨してなくて、場所取りして良いというわけじゃないんですが、場所取りしても怒られないというグレーな感じです。

なので、本気でブルーインパルスを見たい人はブルーインパルスの前で何時間もその時が来るのを待っています。

シートを敷いて場所取りしている人もいますが、本当は展示エリアではシートは使用できません。

レジャーシートを使っての場所取りはマナー違反なので気をつけてくださいね。

で、場所取りするとなるとやっぱり大変です。

会場となるのは千歳基地の中のエプロンと呼ばれる飛行機が駐機する場所なので日陰がありません。

さらに地面からの照り返しもきついです。

だからカンカン照りだと日差しが暑いので場所取りしている人の数も多少減ります。

場所取りを始めると夏の日差しの下で長時間、その場を離れられないので日焼け対策や暑さ対策、水分補給などは万全にしていってくださいね。

スポンサードリンク

千歳基地航空祭の開門時間は?

千歳基地航空祭の入り口ゲートの開門時間は公式には発表されていないんですが、毎年だいたい朝の7時前後に開門します。

で、驚くことに朝の5時にはすでにゲート前に人が並び始めています!

これを聞くと「場所取りなんて絶対無理・・・」と思いますよね。

で、開門と同時にダッシュして場所取り!みたいなイメージが浮かぶんですが、意外とそういう人はいないです。

開門するとみんなふつうに歩いて会場に向かいます笑

で、9時からテープカットなどイベントが始まるんですが、それまでは展示されている飛行機を見たり、写真を撮ったり思い思いに過ごす人が多いです。

ということで、5時から並んでいる人みんながブルーインパルスの場所取りにいくということではないです。

でも、8時半頃にはすでに会場のあちこちに人だかりができてるので、なんとしてでも最前列でブルーインパルスを見たい!!という人はやっぱりそうとう気合を入れて場所取りしないとダメですね。

千歳基地航空祭のブルーインパルスまとめ

どうしてもブルーインパルスを最前列で見たいなら早い時間からの場所取りが必要です。

でも空に飛び上がってしまえばどこからでも見えるので、ブルーインパルスの華麗な空中ショーが見られればいいという場合は無理はしなくても大丈夫。

ブルーインパルスの飛行は天気の影響も受けやすく曇りでも飛ばないことがあります。その点についてはこちらに書いてますので参考にどうぞ♪

スポンサードリンク

-北海道
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.