北海道

小樽の5月の気温と服装はこれ!観光を春にする時の注意点【体験談あり】

更新日:

小樽 5月 気温

ゴールデンウィークに小樽観光なんて最高ですね~。私も札幌に住んでる時はよく出かけたし、東京に戻ってきてからもわざわざ遊びに行くくらい5月の小樽は観光するのに良い季節です。

北海道民にとってはようやく長い冬が終わって春らしく暖かくなってくる時期でみんなルンルンしてる頃です笑

でも、やっぱり北の大地だけあって本州とは季節の進み方がちょっと違うので、旅行に行く時に失敗しない服装選びや春の小樽の気候の注意点などを元道民の視点で紹介しますね。

スポンサードリンク

小樽の5月の気温はどれくらい?

北海道は本当に本当に冬が長いので春がやってくるとみんなワクワクしだします。

私も初めて札幌で冬を越して春を迎えた時は小躍りしたくなるくらい浮かれてました。雪国で暮らすと春の訪れがこんなにも嬉しいものなんですね笑

って、もう5月なのにまだ春のはじめの話?遅すぎない?と思う方もいるかもですね。でも、そんなことないんですよ。

小樽の5月の平均気温はだいたい13度前後で最低気温は7度くらい。つまり東京の3月の平均気温と同じくらいです。

ちょうど本州の桜の季節の雰囲気ですかね。北海道は広いので函館など南のほうから順々に春が来ますが、札幌小樽あたりはゴールデンウィークあけにようやく桜や梅、つつじなどが咲き始めます。

気温が高い日は最高気温が20度近くまであがりますが、最低気温が低く昼と夜の温度差があるし、風もまだまだ肌寒いです。

特に小樽は港町で海沿いにあるので風が強くて、5月でも10度を少し越えたくらいの気温だと涼しいというか冷える日もあります。

で、これを寒いと感じるかどうかは人によります。

北海道に住んでいると氷点下の気温で長い冬を過ごしてからのプラス10度なのでものすごく暖かく感じるんですよね。ようやく雪もなくなりますし。

でも、東京でゴールデンウィークというとすでに汗ばむくらいの日もあるし、冬なんてだいぶ前のことなので本州から行くとやっぱりちょっと涼しいな、肌寒いなと感じることが多いです。

小樽の5月の服装はこれ

というわけで、5月に小樽観光をする時の服装としては東京の初春の格好が基本です。

キャミソールなどのインナーに、薄い長袖のカットソーやブラウス、Tシャツ、その上に薄手のニットやパーカーなど3枚くらい重ねる感じ。

極寒の冬が長いので北海道の人は気温が10度になると春物が着たくなるし、暑くて冬物は着ていられないんですが、東京から行く場合は気温の感じ方が違うのでちょっと多めに重ね着するくらいでちょうどいいと思います。

厚着に見えても「観光の人だな」と思われるくらいで浮くことはないです。それにGWあたりから北海道は観光客だらけなので気にする人はいません。

あとはこまめに体温調節ができるように脱いだり着たりできる服を選ぶのがポイントです。

春の小樽は日中歩いていると汗かくこともありますが、夕方は涼しくなってくるし早朝や夜間は冷えが強まります。上手に調節しないと体調崩したり風邪をひいたりするかもしれません。

朝早くから観光を始めるなら長袖は絶対必要です。でも昼間はかなり暑く感じることもあるし、夕方になったらまた羽織物が欲しくなります。

小樽は海のそばなので風があるし、札幌よりも気温も少し低めです。

屋外での観光の時間が長いなら風を通さないウィンドブレーカーを持ち歩くのもおすすめ。着ない時は折りたたんで小さくしまえるのもいいところです。

おしゃれな装いにしたい時でも春物のコートや薄手の革ジャケットくらいはあったほうがいいですね。

でもさすがに冬物のコートを着るほどではないです。5月ともなるとニセコとか山方面ではまだ冬物を着ている人もいますが札幌や小樽の街中ではそこまで寒くはならないです。

あと、上着としてカーディガンやニットを持っていてもそういう服は風を通すので朝晩はそれだけだと寒いです。

温度調節にストールやスカーフなど首周りを温めたりサッと羽織れるアイテムがあると重宝します。

脱いだり着たりが多いので脱いだ服をしまえるようにリュックやちょっと大き目のバッグを持っていると便利ですよ。

それから足元なんですが小樽の街中ならもう雪はないのでスニーカーやパンプスで大丈夫です。

でも素足にパンプスや生脚で歩くにはまだ肌寒いのでストッキングや薄手のタイツ、靴下はあったほうがいいですね。

真冬のブーツは季節はずれですが春物のブーツならぎりぎりいけます。

スポンサードリンク

小樽観光を春にする時の注意点

そんな感じでおおむね過ごしやすい気候の日が多い5月の小樽ですが時々とんでもない天候の日があります。

まず季節はずれの雪に見舞われる日。

札幌や小樽では4月に入ってもたまに雪が降ったりするんですが、数年に1度くらい、5月の中旬あたりにドカッと雪が降ることがあります。

まぁ非常にまれなことなので5月の雪は滅多にないですが、郊外に行くと路肩に雪が残っていたりということはあります。

あとゴールデンウィークだと市街地に雪はないですが峠道など山方面はまだ一面雪景色ということもあるので車での観光の時は気をつけてくださいね。

もう一つ気をつけたいのが紫外線です。

天気の良い日で昼間に20度近くなる日は5月でも日向にいると日焼けするような暑さを感じることがあります。気温が暑いというよりは日差しが痛いという感じです。

5月から6月にかけての紫外線の量は実は北海道が日本一なんていわれてます。特に午前中から昼過ぎにかけての時簡帯。

空気が澄んでいるせいかまさに肌に刺さる感じです。そういう日ってすごく爽やかで気持ちいいんですがぼんやりと日向ぼっこなんかしているとうっかり日焼けしてしまうのでお肌が気になる30代女子としては笑えません。

観光で散策するなら紫外線対策も忘れずに!です。よければこちらも参考にどうぞ♪

小樽の5月の気温と服装まとめ

東京方面から行くと北海道は夏でも涼しいくらいの気候なので春先は特に冷えに気をつけるのがポイントです。

道民は春が来てひゃっはー♪♪と飛び跳ねてる季節ですが道外からの観光客が同じ服装でいるとたぶん寒いと思います。

5月の札幌小樽はものすごく爽やかで過ごしやすい気候だけに知らず知らずのうちに体が冷えていることもあるので風邪ひかないように気をつけてくださいね。

楽しい旅になるといいですね。

スポンサードリンク

-北海道
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。