北海道

小樽のゴールデンウィークの混雑や渋滞状況は?5月の観光のおすすめ

更新日:

小樽 ゴールデンウィーク 混雑

ゴールデンウィークに小樽旅行なんて最高ですね~!気候もいいし小樽の街を楽しむにはぴったりの季節です。

でも大型連休だけあってやっぱり気になるのが混雑ですよね。せっかく旅行に行くのに観光客で混みすぎてて楽しめないなんて残念ですもんね。

そこで、ゴールデンウィークの小樽の混雑状況や高速道路や電車など交通機関の混み具合、あわせて、5月ならではの小樽の観光のおすすめを元北海道民が紹介します。 

スポンサードリンク

小樽のゴールデンウィークの混雑状況

ゴールデンウィークの小樽の街の混み具合はというと、やっぱり年に数回の大型連休とあって観光客で賑わってます。

本州などから観光に来る人はもちろん、北海道の人にとってもゴールデンウィークは雪解けしてから最初の行楽シーズンなのでみんなちょっと遠出したい時期です。

となると札幌からのアクセスがいい小樽は当然人気です。なので、1年を通してみるとGWの小樽は混み合うシーズンではあります。

とはいっても、東京に住んでいる人からするとふだんの新宿とか渋谷とかそれくらいの人出ですかね。大都市圏での人ごみに慣れている人なら小樽の観光客の多さはそれほど苦にならないと思います。

人気の飲食店や観光施設は予約が必要だったり、すごいと2時間待ちなんてところも出たりはしますが、全てのお店がそんなに並ぶかというとそんなことはないです。

あと、小樽の街はこじんまりとしているので旅行ガイドで紹介されるような観光客に人気のエリアも限られてきます。そういうところは人が集まるので観光客が多く感じるというのもありますね。

なので、絶対に食事したいお店とか体験工房があるとかなら事前に予約しておいたほうが確実だとは思います。

でも、東京から北海道に引っ越した私からすると、ゴールデンウィークは全国どこの観光地も混み合うし、人気のテーマパークなんかに行くことを考えると小樽の街の混雑はなんてことないレベルです。

あと、GWは実は北海道ではようやく桜の季節です。ゴールデンウィーク前半に函館の桜が咲き始めて後半になると札幌や小樽でも開花し始めます。

なので桜の人気スポットは道内の観光客も増えますね。

小樽のゴールデンウィークの渋滞や電車の空席状況

そんなわけで、5月前半の大型連休とその前後は小樽を訪れる人が増えるのでそれにあわせて小樽に向かう交通機関も混雑します。

まず車で行く場合。

小樽は札幌から近いので旅行でも札幌に宿泊して小樽まで足を伸ばすという人が多いんですが、札幌~小樽間の高速道路もゴールデンウィークは多少渋滞します。

ただ、渋滞とはいっても数キロ程度の渋滞で、札樽道(さっそんどう)はひどい時でも10キロくらい。首都圏の渋滞に比べたらなんてことないですよ。

ふだんは札幌から小樽は高速を使えば車で50分くらいで着くんですが、ゴールデンウィーク期間中はもう少しかかると思うので余裕を持っていったほうがいいです。

札幌方面から小樽に行く道は高速と一般道が平行して走っていて、どちらも海沿いの一本道なので迂回路がありません。なので混む時はどちらも混みます。

そういうことを考えると時間に正確なのは車より電車ですね。

札幌から小樽は40分くらいで行けます。

あと、新千歳空港から直接小樽に向かう人も多いですよね。

空港からだと快速エアポートの小樽行きに乗れば乗り換えなしで一本で小樽まで行けます。

ただ、快速エアポートは札幌にも止まるのでゴールデンウィークなど旅行客が多い時期は込み合います。自由席はふだんでも座れないことがあるので連休中はなおさらですね。

新千歳空港から小樽までは1時間20分くらいかかるのでできれば座りたい。

なので、ホームについて電車がすでに人でいっぱいで座れなそうな時は一本見送って次の小樽行きに乗るというのもありです。

快速エアポートは「札幌行き」と札幌を通過して小樽まで行く「小樽行き」が交互に来るので小樽まで直通の電車に乗るなら次の次の電車になります。快速エアポートは15分間隔で走っているので30分後ですね。

もちろん、札幌まで行ってそこで乗り換えて小樽まで行くこともできますよ。

快速エアポートは自由席と指定席があるので確実に座っていくために指定席を予約することもできます。ただ観光シーズンなどはすぐに売切れてしまうこともあります。

快速エアポートはJRなので全国どこでもJRの駅で予約ができるのであらかじめチケットを買っておくこともできますが、事前に買う場合は飛行機の遅延なども考えて少し余裕のある電車にするのがおすすめです。

逆に、小樽から新千歳空港に向かう場合は小樽が始発駅になるので自由席にもわりと余裕がありますよ。

スポンサードリンク

小樽をゴールデンウィークに観光する時のおすすめ

というわけで、それなりに人出の多いゴールデンウィークの小樽ですが、この時期に観光するならおすすめは街の散策です。

小樽で散策は当たり前だろう!と思うかもですがここでのおすすめはメインスポット以外ですね。

小樽観光のメインは小樽運河と北一硝子やオルゴール堂などお土産屋さんが立ち並ぶ小樽堺町通り商店街です。

で、このあたりはお店も多いし定番スポットなので夏の暑い時はお店で涼みながら、逆に極寒の冬は暖をとりながらどの季節でもみんな必ず歩きます。

でも、この夏と冬になかなかまわりきれないのが街中の史跡などです。

小樽には旧手宮線跡や旧日本郵船の小樽支店、日本銀行旧小樽支店など歴史を感じさせてくれたり見るからに趣のある造りの建物があちこちにあります。

もちろんガイドブックなんかでも紹介されているし、実際に目の前にすると本当にいい感じなんですが、これを全部歩いて周ろうとすると結構大変なんですよ。

歩き回る範囲としてはそんなに広くないんですが、夏は暑さと日差しの強さで汗だくになるし、冬は寒さと歩きなれない雪道で途中であきらめる人も多いです。

さらに小樽運河や堺町通りは平らな道ですが小樽駅から運河にかけては急な下り坂なので街中に点在する観光スポットを歩いて周るには坂の上り下りがつきものです。

私も夏と冬にも小樽に行きましたが、夏の日中はほんとに暑いので旧手宮線跡はただ通り過ぎるだけだったし、冬は寒すぎて運河沿いの雪あかりの道だけでギブアップでした。

その点、5月の小樽は平均気温が13度前後と爽やかな気候で足元の雪もないので散策にはうってつけなんですよ。

東京でいう桜の季節なので風があると少し肌寒いくらいですが歩いているとちょうどよくなります。

それに、小樽運河や堺町通りは観光客で賑わってますがそれ以外の場所はゴールデンウィークでも人が集中することもないので混雑も感じないのもいいところです。

小樽のゴールデンウィークの混雑まとめ

ゴールデンウィークは日本中が旅行モードになるので観光地として人気の小樽もやっぱり人出は増えますが周り方次第で混雑はいくらでも避けられますよ。

せっかく爽やかな季節なのでこの時期だからこそ楽しめる街歩きをじっくり味わうというのが私のおすすめです。

5月の小樽の気温や服装についても気になるところだと思うのでよければこちらも参考にどうぞ♪

スポンサードリンク

-北海道
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.