行事

おばあちゃんへのプレゼントで寝たきりの80代におすすめの贈り物

投稿日:

おばあちゃん プレゼント 寝たきり

敬老の日や誕生日などおばあちゃんへのプレゼントで喜ばせたい!とは思うものの・・・

元気なら健康グッズやおしゃれグッズなど選択肢も広いですけど、寝たきりで入院中となると正直何をあげたらいいのか悩みますよね。

そこで、80代で寝たきりのおばあちゃんへのプレゼントを選ぶときのポイントや、私が実際にあげて喜んでもらえた贈り物を紹介します。

スポンサードリンク

おばあちゃんのプレゼントで寝たきりならここがポイント

おばあちゃんも80代で寝たきりとなるとできれば元気なうちにたくさん会っておきたいですよね。

顔を見せてあげるのが一番のプレゼントとは思うものの、社会人になると自分も仕事だなんだと忙しく過ごしているのでしょっちゅうお見舞いに行くのも難しい・・・

だからこそ、誕生日や敬老の日はおばあちゃんが喜ぶプレゼントを贈りたいなと私も毎年いろいろ考えてました。

でも最初は結構悩みました。

80歳って自分の年齢からはすごく遠いので想像するのが難しいし、同じ80代でも体力やできることって個人差がありますからね。

さらに寝たきりで入院しているとなるとプレゼントにもいろいろ制約がついてきます。

そこでまず80代で寝たきりで入院してるおばあちゃんへのプレゼント選びのポイントです。

80歳を過ぎて、しかも寝たきりとなってしまうとびっくりするくらいおばあちゃんはできることが少ないです。

自力で起きられないほどだと着替えや食事も自分でできないことがあります。

体を起こすことができても力が弱っていたり、ベッドの上で座っているのも疲れちゃうということもあります。

なので、まずはおばあちゃんの今の体の具合や体力をしっかり確かめてプレゼントを選んだほうがいいです。

じゃないと、せっかくプレゼントしても活用できないなんて残念なことになります。

次におばあちゃんが入院中というのもポイントです。

病院ではお見舞いの品として持込が禁止されているものがいろいろあります。

まずわかりやすいところでいくと食べ物がダメなことは多いです。

80代で寝たきりとなると食も細くなるので食べ物を持っていっても食べられないことがあります。

病気によっては食事制限がかかっていることもありますしね。

病院食は患者さんの状態に合わせて栄養や量が決められているので、それ以外の物は口にできないということもあるんですよね。

あと意外なところでは花が持ち込めないということもあります。

お花といえばお見舞いの品の定番だと思うんですが、生花には感染症を引き起こす菌がついていることがあるので病室に持ち込めないことがあります。

特に体力が衰えている患者さんだとちょっとした感染症が命に関わることもあるので高齢のおばあちゃんへの贈り物の時は病院に確認してからのがいいですね。

スポンサードリンク

おばあちゃんのプレゼントで80 代で入院中におすすめの品

そんなことを踏まえて、入院中で寝たきりの80代のおばあちゃんにおすすめの贈り物を紹介します。

●プリザーブドフラワー

生花と変わらないくらい華やかですがプリザーブドフラワーは加工してあるので菌の心配をしなくて大丈夫です。

お花ならベッドの周りに置けば寝たままでも眺めて楽しめます。

生花と違って水をやる必要もなければ枯れることもなく世話をする必要がないので寝たきりのおばあちゃんにも気兼ねなく贈れます。

それでもずっと飾っておくと花にほこりやゴミが溜まってしまうのでケース付きのものが便利ですよ。

プリザーブドフラワーは自分でアレンジできるものもあるし、既製品でも手書きのメッセージカードを添えると温かみが増します。

●写真立て

花と並んで入院中のプレゼントの定番ともいえるのが写真を入れた写真立てです。

気の効いたプレゼントにするには中に入れる写真を工夫するのがポイント。

家族みんなでとった写真なんかもいいですが、あえて自分の写真を入れてあげたりするのも喜んでくれます。

自分にとっては何てことない写真でもおばあちゃんは孫の写真が嬉しいと言ってました。

あと自分や兄弟姉妹に子どもがいるなら赤ちゃんの写真を入れるのも喜ばれますよ。

おばあちゃんから見るとひ孫ですね。

大人から見ると赤ちゃんの笑顔とか小さな子どものちょっとした仕草ってそれだけでとてつもなくかわいいものです。

眺めているだけで元気になる、とおばあちゃんに言ってもらえたりします。

あと、花とか動物とかおばあちゃんが好きなものの写真を撮っていってあげるのもいいですね。

おばあちゃんの思い出の場所や、行って見たい所の写真もおすすめです。

もし枚数が多くなるようなら小さなアルバムにまとめるのもありです。

●パジャマ

入院中は毎日パジャマを着て過ごすことになります。

消耗品といってもいいくらいなのでパジャマはいくらあっても困りません。

肌触りのいいものや、シルクのちょっと良いパジャマ、冬ならふっくらした暖かい生地のパジャマなど何か特徴があると喜んでもらえます。

着る物はデザインはもちろん使い心地にも好みがあるので、できればプレゼントを買う前におばあちゃんの好みや生活スタイルを聞いてから選んだほうがいいです。

高齢になると前開きのものがいいとか、かぶるタイプがいいとか、ちょっとした違いで使い勝手が全然違います。

パジャマは毎日身につけるものだからこそ選ぶのが難しい品ですが、良いものが見つかれば毎日使ってもらえる最高の贈り物になります。

●カセットテープレコーダーとカセット

毎日ベッドの上で寝たまま過ごしてると時間の使い方にも悩むものです。

そこで、寝たままでも楽しめるものとして耳で聞くシリーズはかなりおすすめです。

今はCDのほうが種類が多いですが、CDだとCDラジカセに手を伸ばしてディスクを入れ替えたりスイッチを押したりするのが寝たきりのおばあちゃんだと不便なことがあります。

小さめのカセットテープレコーダーなら枕元に置けるし、寝ながらでも作業できます。

アナログでボタンの数も少ないので80代のおばあちゃんでも操作しやすいのもいいところです。

カセットテープでも落語や小説などいろいろなシリーズが揃ってますよ。

病は気からということで、笑ってほしい時にはこんなのもあります。

市販の商品の他に、カセットテープに家族からのメッセージを録音して添えるのもいいですね。

これもまた、小さい子の声があるとすごく喜んでもらえます。

入院中の部屋が個室じゃない時はイヤホンも一緒にプレゼントしましょう。

寝たきりのおばあちゃんへのプレゼントまとめ

入院中で寝たきりとなると選べるプレゼントの幅がすごく狭まるし、お見舞いの定番の品が多くなっちゃうんですよね。

孫からのプレゼントは何をあげてもおばあちゃんは喜んでくれるんですが、ちょっとした工夫をするとさらにおばあちゃんに喜んでもらえます。

素敵なプレゼントがみつかるといいですね。

スポンサードリンク

-行事
-,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.