美容・健康

春の紫外線が強いのはなぜ?夏と同じ紫外線対策は春から必要?

更新日:

春 紫外線 強い

3月から5月にかけての春の時期はぽかぽか陽気でき過ごしやすいし、お花見やらピクニックやら屋外での活動も増えてきますよね。

でも、そこで気になるのが紫外線です。あんなに気持ちのいい春の日差しですが実は夏よりも紫外線が強くて心配ともいます。

30代女子としてこれからのお肌へのダメージは致命傷(><)

そこで、春の紫外線は本当に強いのか?や春と夏の紫外線の違い、紫外線対策はいつからはじめたらいいのかなど春の紫外線の疑問についてまとめてみました。

スポンサードリンク

春の紫外線が強いのはなぜ?

3月、4月は本当にぽかぽか陽気で気持ちよくてお肌での感覚としては紫外線が降り注いでるってのを実感することはあまりないですよね。

春は紫外線が強いというのはよく耳にしますけどそれって本当なのかな?と。

私はうっかり紫外線対策を忘れちゃうこともしばしばだし、忘れても「まぁいいか」くらいの罪悪感でした。

が、ずっと気になっていた「なぜ春の紫外線が強いといわれるのか」について理由を探ってみると、あ~本当に紫外線強いんだなぁと実感。

それとともにこれまでの春の手抜き紫外線対策を猛烈に反省しました。

紫外線=日焼けというイメージがあって、さらに、日焼け=夏・暑い、というイメージがあるのでついつい紫外線が強いのは夏だと思いがちです。

でも実際は紫外線の量は気温ではなく太陽の高度や昼の時間の長さ、日照時間などによって変わります。

で、まず春先になると太陽の高度が上がります。

それが何か?という感じなんですが、実は太陽光が差し込む角度がすごく重要なんですね。

太陽からの紫外線はが地球に届くとまず大気層というところを通ります。

そこにはあの有名なオゾン層や雲、様々な微粒子などがあって、太陽光がそこを通るときに紫外線を吸収したり散乱したりして地上に届く紫外線を弱めてくれているんです。

なので、この大気層をできるだけ長く通ったほうが地上に届く紫外線量を少なくできます。

で、太陽の高度が高くなると大気層を通る距離が短くなるので紫外線が強くなるということです。わかりやすくイメージするとこんな感じ↓

ちなみに、暑さの残る9月はまだまだ紫外線が強い時期だなと感じる人も多いと思うんですが、実は3月と9月の紫外線量は同じくらいなんですよ。

なぜなら春分の日(3月の20日頃)と秋分の日(9月22日頃)の太陽の高さは同じくらいなので。ほんとに人の紫外線への意識=暑さなんだなとしみじみ。

また、1日の中での紫外線量の変化では太陽が真上に来る正午が最大になります。朝と夕方では空気中の塵が少ないので午前中のほうが強いです。

さらに春になると昼間の時間も長くなるので日照時間が増えていきます。

それにともなって3月、4月と紫外線の量も増えていき、春の終わりの5月ごろには早くも紫外線の最も強い時期に突入してしまうというわけです。

紫外線は春のが夏より強い?

でも、そうなるとふつうに考えれば紫外線が一番強いのは太陽の位置が一番高くて日照時間も長くなる夏ですよね。

なのに夏より春のほうが紫外線が強いといわれるのはなぜなのか?

これはもうちょっと正確に言うと「紫外線は夏より春のほうがダメージが大きい」ということのようです。

やっぱり紫外線の量が一年で一番多くなるのは夏です。

なので、当然、日焼けしないようにみんな紫外線対策をしっかりしますよね。ところが春はといえば・・・

あきらかに紫外線が降り注いでいると感じられる夏に比べて春は紫外線への対策が不十分なことが多いです。さらに、紫外線が弱い冬を終えたばかりで肌そのものの紫外線への耐性も弱い時期です。

なので、夏よりも春のほうが体への紫外線の影響が大きくなるんですね。

さらに紫外線の種類にも関係があります。

紫外線には肌を老化させるUVAとシミやそばかすの原因になるUVBの2つがあるのですが、春はUVAのほうが多くなります。

UVAはお肌のハリや弾力を失わせることでシワやたるみの原因になるので、シミ・そばかすといった肌表面のトラブルよりもダメージが大きいんですよ。

そんなUVAがピークになるのが5月というのも夏より春のが紫外線が強いといわれる理由の1つです。

また、5月の紫外線が強いといわれるのは晴天の日が多く日照時間が増えるためともいわれています。

スポンサードリンク

春から紫外線対策は必要?

というわけで、春先は気温が低いので油断しがちですが春もしっかりとUV対策が必要です。

もう5月にいたっては夏とほとんど差がないくらい紫外線が降り注いでるといっていいくらいです。

しかも春に多い紫外線UVAは曇りの日や窓ガラス越しでも肌に届き皮膚の奥深くまで達するので春の日向ぼっこは気をつけないといけません。

春の日差しはぽかぽかと気持ちいいですが紫外線はじわじわと肌の奥に到達しています。

UVAは肌を黒くする紫外線ではないので気づきにくいのですが、そろそろ日焼け止めを塗り始めようかな~という頃にはすでに目には見えない肌の奥は日焼けしているなんていうこともありますよ。

春の紫外線が強さまとめ

春の紫外線対策ってうっかり忘れたりつい手抜きをしてしまいがちなんですがちゃんとケアしないとダメなんです、と私も改めて痛感しました。

紫外線が強い季節に入るゴールデンウィークは旅行やバーベキューなど外で過ごす機会が増えますし油断禁物です。日焼け止めや帽子など早め早めのUV対策を心がけたいですね。


-美容・健康
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。