行事

鴻巣花火大会の場所取りの時間と鴻巣駅から無料会場への行き方

更新日:

鴻巣花火大会 鴻巣駅から 行き方

鴻巣の花火大会は関東の秋花火の中でも特に花火の打ち上げ発数が多いし四尺玉も上がるので注目されてますよね。

鴻巣は地方の花火大会だけど実は湘南新宿ラインや高崎線で都心から1時間とすごく行きやすいので電車で行く人も多いですよ。

そこで鴻巣花火大会の場所取りの様子や時間と鴻巣駅で電車を降りてからのこうのす花火大会会場までのおすすめの行き方について紹介します。

スポンサードリンク

鴻巣花火大会の場所取りの時間は?

こうのす花火大会はギネス記録に認定された四尺玉を打ち上がることで有名で関東地方の秋花火の中でも注目されてますよね。

となると、気になるのが無料観覧席の場所取りです。

東京からわざわざ見に行くなら良い場所で見たい!となりますよね。

でも実は鴻巣花火大会の場所取りはそんなに気合を入れていかなくても大丈夫です。

鴻巣花火大会は人出は毎年それなりにあるんですが、夏の東京の花火大会に比べたら打ち上げ会場の周辺はそれほど混雑してません。

都心から電車で1時間とはいえやっぱり地方だし、知られてる花火大会とはいっても新潟長岡や秋田大曲の花火大会なんかと比べたら規模は全然小さいです。

なので鴻巣花火大会は、大きい花火が上がって打ち上げ数も多いんだけどすごく見やすい花火大会です。

こうのす花火大会は毎年18時からの開催なんですが、会場の無料観覧席は夕方の17時頃に行ってもまだ余裕があるくらいです。

昔は荒川の土手一帯で花火を見られたんですが、打ち上げ場所が変わって今は土手は立ち入り区域に入ってます。

なので、昔に比べると無料会場の混み具合が少し増した気がするし、四尺玉がギネス認定されてお客さんが増えたけどそれでも押し合いへし合いということはないですよ。

鴻巣駅から少し離れているので鴻巣駅周辺から見たいという人もいるんですが、こうのす駅からだと音はよく聞こえるけど見えるのは高く打ち上げる尺玉の花火くらいです。

無料観覧席は打ち上げ場所の真横で本当に迫力のある大きな花火が見られるのでせっかく鴻巣まで行くなら会場まで足を運んだほうがいいですよ。

スポンサードリンク

鴻巣花火大会の鴻巣駅からの行き方は?

鴻巣は新宿から湘南新宿ラインに乗れば乗り換えなしの1本で、しかも1時間かからずに行けるので都心から電車で行く人も結構います。

そこで気になるのが鴻巣駅から鴻巣花火大会の会場までのアクセスですよね。

会場は荒川沿いで、ふだんだと鴻巣駅西口から荒川土手方面に鴻巣市の市バスが走ってます。

コミュニティバスを利用する場合は田間宮コースで、花火観覧席に行くなら田間宮小というバス停で下車です。

ただ、運行本数がなんと1~2時間に1本という少なさ・・・

花火大会の日はものすごく混雑するのでコミュニティバスには乗れないと思って行ったほうがいいです。

さらに、鴻巣花火大会では花火会場周辺で交通規制があるのでタクシーも途中までしか行けません。

というわけで、鴻巣駅から花火大会会場まではほとんどの人が歩いて行きす。

鴻巣花火大会の無料会場まで徒歩でどれくらい?

鴻巣駅で電車を降りたら鴻巣駅西口に出て、そこから荒川河川敷を目指します。

鴻巣駅からこうのす花火大会の無料会場までは徒歩だと大人の足で20~30分くらいで行けます。

鴻巣花火大会の当日は鴻巣駅を出るとほとんどが花火大会に向かう人ばかりなので道がわからなくても周りの人についていけば会場まで辿りつけます。

鴻巣駅から花火会場までは道すがら案内の看板も出てるので鴻巣花火大会に初めて行く人でも道に迷うことはまずないので安心してください。

鴻巣花火大会のアクセスと場所取りまとめ

関東の秋の花火大会の中では鴻巣花火大会は規模が大きく有名ですが、夏の東京の花火大会に比べたら混雑はそれほどじゃありません。

なので行きのアクセスや場所取りはそれほど心配しなくて大丈夫です。

ただ、花火大会が終わった後は人がいっきに動くので電車を利用する人は帰りのアクセスはちょっと気をつけたほうがいいですね。

スポンサードリンク

-行事
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.