生活・趣味

結婚式の友人代表のスピーチを断るのはあり?やりたくない時の断り方

更新日:

結婚式 友人代表 スピーチ 断る

結婚式の友人スピーチってめちゃくちゃ緊張しますよね。

大勢の人の前で離すことを思うとあがり症にはそれだけで憂鬱、かといって親友の頼みを断るのも心苦しい・・・

そこで、友達の結婚式のスピーチの依頼を受けたくない時の断るタイミングや角の立たない断り方を紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の友人代表のスピーチを断るのはあり?

結婚式の友人スピーチってものすごく緊張しますよね。

人前で話すのはもちろん、親友の一生に一度の晴れの日と思うとプレッシャーがすごいです。

もちろん友人の結婚はお祝いしたいけど、極度のあがり症だとスピーチをすると考えるだけで結婚式の日が近づくのが憂鬱になってしまったり・・・

かといって仲の良い親友のたっての頼みを断るのも申し訳ないしその後の関係がちょっとギクシャクしそうで嫌ですよね。

そんな緊張しいの気持ちをあれこれふまえた上で、結婚式の友人スピーチを頼まれてしまったらどうするか?

すごく悩ましいところなんですが、できるなら引き受けたほうがやっぱり新婦には喜んでもらえます。

あがり症といっても程度がいろいろあるので絶対はないんですが、ものすごく頑張ればなんとかなるくらいの緊張なら頑張ってみてもいいんじゃないかと。

友人代表スピーチって大役でついつい自分の緊張で頭がいっぱいになってしまうんですが、ちょっと落ち着いて考えてみてください。

新郎新婦は親友が自分たちのためにお祝いの言葉を伝えてくれるのが嬉しいわけです。

なにも友人スピーチで立派な演説や泣かせる感動的なスピーチを望んでいるわけではありません。

以前、スピーチをする人があまりに緊張して声が震えてしまい、話している内容も文章がめちゃくちゃでよくわからないという式がありました。

だけど一生懸命に話すお祝いの言葉に新郎も新婦も感動して泣いてしまうという温かい式もありましたよ。

新婦は自分のために頑張ってお祝いの言葉を述べようとしてくれることに本当に喜んでました。

もし緊張でスピーチをを忘れそうなら暗記ではなく話す内容を手紙にしてそれを読むという方法もあります。

特に友人スピーチでは手紙にする人は結構多いです。

「あがり症ですので、紙を見ながら失礼します」と前置きしてカンペのメモを読む人もいます。

あと結婚披露宴に出てみるとわかるんですが、友人スピーチって意外とまわりのゲストは聞いてないことが多いです笑

主賓や職場の上司など披露宴って本当にスピーチが多いのでそんなにかじりついて聞いてる人ってあんまりいないんですよね。

スピーチする身にとっては緊張のピークですがお客さんにとってはそれほど重要じゃない、と思うとちょっと気が楽になりますよ。

結婚式の友人スピーチをやりたくない時は?

それでもやっぱりどうしてもスピーチだけはやりたくない!ということもあるかと思います。

そういう時は新婦に正直に話してスピーチのお役目は辞退しましょう。

断ると決めたらとにかく早くお断りの返事をします。

できれば友人スピーチを依頼されたその時に断るのが一番です。

すぐに答えられないのであれば「少し考えさせて」と一度引き取り翌日には返事をします。

スピーチはやりたくないけど断るのも気まずい、と返事を引き延ばすのはよくありません。

自分がスピーチを断ったら新婦は他にスピーチしてくれる人を探さなければいけないからです。

返事をあいまいにしたまま時間が経って式が近づいてくると今さら断れないという雰囲気にもなってきます。

それに式の間近は新婦も準備で大忙しなので直前で断るとものすごく迷惑をかけてしまうし、それこそひんしゅくをかってその後の友人関係にも影響してしまいます。

あと、スピーチを辞退したいと伝えると「ショック!断られると思ってなかった!どうしてもやってほしい!」などなど強くお願いされることもあります。

断ろうと思ってたのにここで心が揺らいでスピーチを引き受けてしまうこともあります。

でも結婚式のスピーチは一度引き受けたらもう断れません。

何が何でもやりきるしかなくなります。

式が迫ってきて「やっぱりできない!」と直前で断ったり、結婚式自体を欠席するなんていうのは新郎新婦にものすごい迷惑がかかるので絶対にできません。

なので、どうしてもスピーチをしたくないのであれば断固としてお断りする気持ちを持ちましょう。

スポンサードリンク

結婚式の友人スピーチの断り方

できるだけ角が立たないようにうまくスピーチを逃れたいという時は断り方にも気を遣いましょう。

ふだんの軽いのりで適当に断ると友人として頼んでくれた新婦を傷つけてしまうこともあります。

まずはたくさんいる友人の中から自分にスピーチという大役をお願いしてくれたことのお礼を伝えます。

それから誠意を持ってスピーチをお断りをします。

結婚式のスピーチを断る時は断る理由をしっかりと言ったほうがいいです。

理由がわからず拒否されると「親友なのになんで引き受けてくれないの?」と新婦にもモヤモヤが残ります。

理由としては、結婚式の頃は職場が変わる時期で仕事が忙しく余裕がない、育児や介護で余裕がない、などがあります。

結婚式のスピーチは適当に引き受けられるものではないので今の自分の状況では難しいから辞退したいということを伝えます。

または、あがり症で人前で離すのが苦手だと正直に話します。

「緊張してちゃんとしゃべれなくなるし、スピーチもめちゃくちゃになっちゃうと思う・・・」など。

それといっしょに、新郎新婦の結婚を祝福したい気持ちを全面的に伝えます。

「スピーチは無理だけど受付とか他に手伝えることがあったら言ってね」など結婚式に前向きな気持ちを見せるのもいいですよ。

結婚式の友人スピーチの断り方まとめ

友人からのスピーチの依頼を断るのは心苦しいですが誠意を持って話せばわだかまりを残すこともありません。

もし1人でスピーチするのが難しいのであれば共通の友達と数人でスピーチしたいという提案をすることもできます。

友人スピーチは結婚式のスピーチの中でも多少カジュアルになっても大丈夫なものなのでもしできるのであれば勇気を出して引き受けてあげるとやっぱり新婦には喜ばれますよ。

スポンサードリンク

-生活・趣味
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.