仕事

オフィスカジュアルで事務の女性はどこまでok?派遣初日の服装はこれ

更新日:

オフィスカジュアル 事務 女性

オフィスカジュアルって悩みますよね。カジュアルというけれど一体どこまでカジュアルが許されるのかと。

慣れてしまえばなんてことないし、むしろスーツより楽なんですが私も初めての職場に行く時はいつもちょっとソワソワしてました。第一印象って大事ですからね。

そこで、事務職の女性のオフィスカジュアルの基本やNGな服装、さらに一番緊張する出勤初日におすすめの服装などを経験談まじえて紹介します。 

スポンサードリンク

オフィスカジュアルで事務の女性の服装の基準は?

スーツや制服での職場が多いとオフィスカジュアルって最初ほんとうに悩みますよね。私もいろいろな職場を経験してきたのでその気持ちすごくわかります。

オフィスカジュアルと一口に言ってもその基準は会社によって本当に様々です。

スーツよりのオフィスカジュアルなのか、私服よりのオフィスカジュアルなのかで着る服が全然違います。

私が見てきた職場でもジャケットがないだけでほぼスーツの様な固い格好という会社もあれば、TシャツにサロペットでOKというような、もはやこれは「カジュアル」で「オフィス」はどこにいった?というようなところもありました。

さらに先輩はOKだけど新人が着るとNGというようなファッションもあったり。なんだか中学校の時のルーズソックスを思い出しました笑

というわけで、オフィスカジュアル=これです!みたいな服装が実はないんですよね。

だからこそ新しい職場に行く時はその会社の基準がわからなくてめちゃくちゃ悩まされます。

で、そういう時はなるべく固めの服装にあわせておいたほうが失敗がありません。

会社によって基準はいろいろありますが、もともとオフィスカジュアルというのはスーツ程きっちりしてなくていいけど仕事をする上で相手に失礼にならない格好のことをいいます。

なので、身だしなみが整い清潔感があって仕事をしやすい服装であることが大切です。

イメージでいうとニュース番組に出てくる女性キャスターの服装を参考にするといいですね。

事務職だと社外の人に会うことはあまりないかもしれませんが、お客さんにお茶を出したり急に取引先へのお遣いを頼まれたりすることもあるのできちんとしておいたほうが安心です。

また、新しい職場への配属直後は挨拶まわりをしたり、周りの人も新人に注目しているものです。第一印象はすごく大切です。

ちょっと固めの服装を周りの人にあわせてカジュアルに崩していくのは簡単ですが、最初からカジュアルすぎて常識がない、だらしないというレッテルを貼られてしまうと挽回するのがとても大変です。

オフィスカジュアルはどこまでok?

ただ、固めとか清潔感とかこういうのも人によって感じ方が違うのでオフィスカジュアルが初めてだとわかりにくいですよね。

そこで、オフィスカジュアルでNGとされる格好や選ばないほうが無難という女性の服装を紹介しておきます。

まず上半身。

露出の多い服は避けましょう。特に男性が多い職場では注意が必要です。

胸元や背中が大きく開いたもの、オフショルダー、シースルーで肩やインナーが透けるものはNGです。ノースリーブもあまり良しとされない職場が多いです。

キャミソールやタンクトップはそれ一枚できるのは絶対ダメです。ジャケットを絶対脱がないでインナーとして着るならありですが、カーディガンのインナーにしてすストラップなどがすけるとあまりよくないです。

逆に露出は多くないのですがなぜかNGが出されることがあるのがハイネックインナーです。理由はわからないのですが職場によっては着られないこともあります。

セーターは判断が分かれるところですが部屋着というか家や休日を思わせるものは避けたほうがいいですね。

Tシャツはngです。ただ、カットソーのようなシンプルでピタッとしたものならジャケットのインナーとしては着られることもあります。でもTシャツ一枚では着られないのでジャケットは脱げません。

あと、男性の場合はオフィスカジュアルでポロシャツを着る人も多いのですが、女性が着ているのは見たことがありません。

次に下半身。

ミニスカートやショートパンツは露出が多いのでNGです。

スカートは膝丈くらいがいいです。スカート丈でよくある失敗なんですが、立っている時は膝丈でも座ると太ももまで出ちゃうというものがあるので気をつけましょう。

スカートの時は生脚厳禁です。

ファッション誌ではスカートに生足にパンプスというコーディネートが紹介されてますが、実際の職場ではそういう人はあまりいません。

ストッキングかタイツを履くようにしたほうがいいです。ただ、脚を隠せるものでもトレンカやレギンスはカジュアルすぎます。派手な色や柄のカラータイツも避けましょう。

脚が隠せる長さとはいってもロングスカートはNGです。

あと、ペンシルタイプやタイトスカートでヒップラインなどがくっきり出るものは履かないほうが無難です。

パンツスタイルの場合、カーゴパンツやデニムはカジュアルすぎるのでNGです。

ちなみに、デニム素材はボトムもジャケットも仕事場では好まれません。デニムはもともと作業着として着るものだといわれています。

ジーンズもファッション雑誌では出勤服としてコーディネートに入っていたりするし、デザインがきれいなものもありますが職場にジーンズというのは抵抗がある人もいます。

私がいた職場でも一見きれいな服装だけどジーンズを履いて来た女の子がいて「えっ?」という感じで一瞬おじさんが固まっているのを見たことがあります。

あと素材や飾りでいうとパーカーやスウェット素材もダメですね。

色は原色や蛍光色など派手なものは避けます。カーキは派手じゃないけどカジュアルに見えることもあります。

チェックやドット、アーガイルなどの柄物は色やデザインによって判断がわかれるところです。

フリルやビジューなどたくさんの飾りがついたものも仕事で着る服にはあまり向いていません。

ここで紹介したNGファッションはあくまで一般的にはということなので、会社によっては着られるものもあると思います。

周りの様子をみて大丈夫そうなら取り入れていってくださいね。

スポンサードリンク

派遣でオフィスカジュアルの職場の初日の服装

オフィスカジュアルといわれて一番困るのが新しい職場での初日の服装ですよね。

特に派遣社員だと内定者懇談会とか事前に職場を見る機会もないし、面接の時も人事担当の男性社員にしか会わないということもあります。

オフィスカジュアルOKだけど職場の雰囲気が全くわからないという時はスーツで行くのが一番無難です。きちんとした格好でいって怒られることはまずないですからね。

それに自分は事務職でもまわりに営業の人がいればそういう人はみんなスーツだし浮くことはないです。

スーツだと堅苦しいかなと思う時はスーツのスカートやパンツを利用して上だけ変えるというのもありですよ。

襟付きのシャツにカーディガンを羽織ったり、アンサンブルニットを合わせるだけでも雰囲気はだいぶ和らぎます。

バッグにカーディガンを忍ばせておけば、職場の雰囲気を見て大丈夫そうなら途中でスーツのジャケットから着替えることもできます。

あと、スーツ以外のジャケットをあわせるのもいいですね。ノーカラーのジャケットや、素材の違うジャケットが一つあると便利ですよ。

オフィスカジュアルでも初日から一週間くらいはスーツに近い格好で出勤して周りの人の服装を見たり、配属された職場に女性がいるなら直接アドバイスをもらうと失敗しないですよ。

初日の服装に悩む時はこちらも参考にどうぞ♪

事務の女性のオフィスカジュアルまとめ

オフィスカジュアルの基準は会社によって本当に様々です。

職場の雰囲気がわからないうちに慌てて買い物をして後から実は着られないものばかりだったというのではもったいないです。

はじめのうちはスーツに近い格好で様子を見て情報を得てから買い物に行ったほうがお金も無駄にならないですよ。

これから洋服を買い足す人はこちらも参考にどうぞ♪

スポンサードリンク


-仕事
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。