おでかけ・旅行

サンドイッチ弁当のピクニックにおすすめの入れ物ときれいに詰める工夫

更新日:

サンドイッチ 弁当 ピクニック

サンドイッチは簡単で見栄えもいいし、女の子っぽいし、ピクニックデートに手作りのサンドイッチ弁当っていいですよね♪

問題はサンドイッチをどうやってつぶさずに持っていくか、ですね。

そこで、サンドイッチを持ち運ぶのにおすすめの入れ物や型崩れを防ぐ詰める時の一工夫を紹介しますね。

スポンサードリンク

サンドイッチ弁当をピクニックに持っていくには?

まずピクニックデートにサンドイッチを持っていく場合、サンドイッチとおかずは別々に容器につめます。

彼氏の食べる量にもよるんですけど、大人2人分のサンドイッチってわりと量があるのでおかずと一緒だと容器に入りきらないです。

それに、サンドイッチとおかずを別にしておいたほうがおかずの汁がパンに染みてしまうといった失敗も防げます。

せっかくのデートなのに蓋をあけたらサンドイッチのパンがべちょべちょだったら最悪です。

サンドイッチはサランラップやアルミホイルに包んだだけでも持ち運べるんですけど、それだとやっぱり潰れるのが心配ですよね。

食べようと思ったらサンドウィッチがぺちゃんこというのも残念。

なので、サンドイッチ用の容器に入れて持っていくのがおすすめです。

サンドイッチのお弁当の入れ物のおすすめ

サンドイッチを入れる容器はいろいろあります。

2人分のサンドイッチが入る大きめのタッパーやお弁当箱があればそれでもいいです。

でもせっかくのピクニックデートならちょっと見た目にもこだわりたいですよね。

そんな時におすすめのサンドイッチ容器を紹介します。

まず竹などで編んだ籠タイプのサンドイッチ入れです。

これは本当にかわいい!

女の子感もあるしデートの雰囲気にはぴったりです。

ただ、荷物になるので車移動じゃないと荷物がかさばってちょっと邪魔になります。

持ち運びに便利なのはこれですね。

サンドイッチを食べ終わったら折りたたんでコンパクトにできるので帰りの荷物を小さくできます。

さらに便利なのはこういう使い捨てパックですね。

使い捨てパックといっても透明のお惣菜パックのようないかにもな物じゃなく、柄つきの紙ボックスなど可愛い使い捨てパックはいろいろありますよ。

サイズも選べます。

スポンサードリンク

サンドイッチのお弁当をきれいに詰める工夫

サンドイッチをお弁当にする時は持ち運んでいる間にパンと具がバラバラになるなど崩れちゃうのがとにかく心配です。

そこで、サンドイッチの形を崩さないために一切れずつサランラップにくるんでから詰めると安心です。

パンや具が乾燥するのを防ぐこともできますよ。

サランラップの代わりにワックスペーパーを使うとおしゃれになります。

見た目をカフェのサンドイッチみたいにできるし、パンをベーグルやバケットするといっきにおしゃれ度が増します。

ワックスペーパーも柄がついたかわいい物が多く売られているのでタッパーとか味気ない容器につめる時にも活躍します。

ワックスペーパーは水気を通しにくいので食べる時も手が汚れなくて便利です。

探すと100均でもいろいろ売られてますよ。

あと、サンドイッチをラップやペーパーでくるむ時は水分に注意です。

密封状態になるので水分が外に逃げなくなります。

そのおかげでサンドイッチが乾燥しなくてすむんですが、かわりに、水分が多いとパンがふにゃふにゃになってしまいます。

なので、まずは具材の水分をしっかり切ること。

加熱した具材はすぐに包むと熱気による湿気がこもってしまうのでよく冷ましてからパンにはさんで包みます。

水分や湿気はパンをべちゃべちゃにするだけでなく食べ物の傷みも早めてしまうのでお弁当で持ち運ぶ時は気をつけてくださいね。

サンドイッチのお弁当の入れ物まとめ

サンドイッチの入れ物はどれがいいかは好みなんですけど、私は荷物を軽くして量も減らしたいので使い捨てのボックスを使うことが多いです。

家に持ち帰っても捨てるだけなので洗う手間がなくて楽ですよ。

スポンサードリンク

-おでかけ・旅行
-, , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.