生活・趣味

ハッカ油は赤ちゃんの虫除けにも使える?体への影響と使い方の注意点

更新日:

ハッカ油 赤ちゃん 虫除け

天然素材で安心の虫除けとして人気のハッカ油の虫除けスプレー、私も作っています。

でも、初めてはっか油スプレーを作る時にいろいろ調べていて「本当に赤ちゃんにも使えるのかな?」とちょっと気になることもありました。

そこで、赤ちゃんにハッカ油スプレーを使う時の注意点や体への影響、使ってみた感想などをまとめておきますね。

スポンサードリンク

ハッカ油は赤ちゃんの虫除けにも使える?

もともと自分用に作ったハッカ油の虫除けスプレーなんですが、これは本当に赤ちゃんにも使えるのだろうか?と。

生まれてちょうど半年になる赤ちゃんの姪っ子がいるので、赤ちゃんにも使えるなら夏の虫除けにハッカ油スプレーとかいいんじゃないかなと思いました。

ただ、自分がハッカ油の虫除けスプレーを作る時にいろいろ調べていて、ハッカ油の体への影響で気になることもありました。

そこで、赤ちゃんにハッカ油を使うにあたってさらに念入りに調べてみました!

まず、ハッカ油そのものについてなんですが、ハッカ油は植物を蒸留して作った天然素材。

なので殺虫剤など薬剤も入ってなくて安心できます。

ハッカ油はあのスーッとするミント独特の香りを虫が嫌がることで虫除けの代わりになります。

ハッカ油は蚊だけじゃなく蜂やアブなど結構いろんな虫に効果があるようです。

ただ、ハッカ油の虫除けの効果は市販の虫除け剤に比べるとやっぱり弱い

ハッカ油は虫除け効果の持続時間も短いです。

ただ、市販の虫除け剤にはディートという成分が入っていて、これが6ヶ月未満の赤ちゃんには使ってはいけない成分なんだそう。

6ヶ月より大きな子どもに使う場合でも注意が必要なんだとか。

ディートって虫除けでは結構聞きますけどそんなに危ないというか、体に影響があるもんなんですね。

たいていの虫除けには入ってる気がしますけど。

というわけで、そういった赤ちゃんの体に影響のある成分を避けたい場合はハッカ油の虫除けスプレーは重宝しそうです。

ハッカ油の赤ちゃんへの影響は?

ただ、ここで大事になるのが

ハッカ油の用法、用量をしっかり守ること!

というのも、ハッカ油はもともと香りが強く独特な強烈な香りがします。

おとなでもハッカの匂いが嫌いだと気分が悪くなる人もいるくらい。

さらに、ハッカ油の副作用として吸いすぎると最悪の場合、吐き気や下痢の症状を引き起こすこともあるとのこと。

また、ハッカ油は精油のひとつなのでハッカ油の原液を肌に直接つけると肌が赤くなったり痛くなることもあります。

ハッカ油の使い方の注意点についてはこちらに詳しくまとめているので参考にどうぞ

スポンサードリンク

赤ちゃんへのハッカ油の虫除けの使い方の注意点

そんなことを聞くと「ハッカ油は赤ちゃんには危ない!?」と思ってしまうんですが

はっか油をきちんと薄めて使えば大丈夫とのこと。

確かに、赤ちゃんの鼻づまりの時に使う市販のアイテムにもハッカ油を配合しているものがある。

さらに、うちの母は姪っ子の鼻がつまっている時にハッカ油をティッシュに垂らして香りを漂わせたりしていました。

なので、ハッカ油の香りそのものは赤ちゃんの鼻づまりをよくするのに昔から使われているもののようです。

で、ハッカ油の虫除けスプレーを赤ちゃんに使う時の注意点。

ハッカ油の虫除けはその香りが虫除け効果を発揮するのでついつい濃い目に作りたくなっちゃうんですよね。

でも、ハッカ油の虫除けを赤ちゃんに使う場合のハッカスプレーの作り方はなるべくハッカの濃度を薄めにしたほうが安心です。

赤ちゃんは肌や、鼻やのどの粘膜が敏感で弱いのでハッカ油は刺激が強いと感じることもあります。

もちろん、ハッカ油の原液を赤ちゃんにそのままスプレーして使うのは絶対ダメ!

赤ちゃんにハッカ油の虫除けを使う時はいきなり赤ちゃんに吹きかけず、まずはベビーベッドやベビーカーなど身の回りの物にスプレーします。

そのまましばらく、ハッカ油の匂いを赤ちゃんが嫌がらないか様子を見ます。

ちなみに、赤ちゃんが寝ているところでベビーベッドにはっか油スプレーを吹き付けるとミスト状のハッカ油スプレーが空気に舞ってしまい、それを赤ちゃんが吸い込んでしまうので気をつけてくださいね。

もし赤ちゃんの体にもハッカ油スプレーをスプレーしたい時は手や足先など体の中でも強めの部分にかけてみて様子をみるのがいいとのこと。

だけど、

やっぱり赤ちゃんのお肌に直接ハッカ油スプレーをかけるのはちょっと心配

乳児は自分の手をよく舐めてるので、手にハッカ油スプレーがついたらそれも舐めて飲み込んじゃいますからね。

一応、ハッカ油は食べ物への添加物としても使えるそうなので(飴とかガムとかありますもんね)きちんと薄まってれば体に害はないそうですが・・・

でもやっぱり心配なので、わが家では赤ちゃんの顔周りやお肌に直接はっか油スプレーをするのは控えました

なので、ベビーベッドやベビーカー、洋服の足元の方にスプレーするようにしてましたよ。

うちの姪っ子の場合はハッカのにおいを嗅いでも特に嫌がる様子はなく、体調が悪くなるということもなかったです。

でも、赤ちゃんがハッカを嫌がってるかどうかの判断はちょっと難しいです。

うちの赤ちゃんの場合、ハッカの香りを漂わせても特に泣くこともなくふだん通りで、そのままスヤスヤ眠りにもついたので嫌ではないのかなぁと。

不快だったりどこかが痛いということはなさそう、という感じでした。

はっかの香りを嫌がることがなければハッカ油の虫除けはコスパはかなりいいので、ハッカ油1瓶でひと夏は余裕で越せます。

ただ、ハッカ油の虫除けを作るのが面倒、やっぱり赤ちゃんに使うのはちょっと心配という時はお金はかかるけど赤ちゃんでも使える虫除けを買ったほうが楽ではあります

これなんかはシトロネラ、ティーツリー、ペパーミントなどの爽やかな香りでハッカに比べるとかなり良い匂いです♪

赤ちゃんは生後6ヶ月以降から使える商品で、天然成分のみでつくられています。

赤ちゃんへのハッカ油の虫除けまとめ

赤ちゃんは言葉が喋れないだけにハッカ油の体への影響が心配でしたが、しっかり薄めて香り弱めにすれば大丈夫のようでした。

どうやって使うか、どこに使うかは悩みどころですが、夏の蚊の多い時期の外出には赤ちゃんにも使える虫除けはあったほうが心強いですね。

ハッカ油の虫除けスプレーの手作りについてはこちらも参考にどうぞ

ハッカ油の虫除けのスプレー以外の使い方はこちらをどうぞ

スポンサードリンク

-生活・趣味
-, , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.