仕事

雨でもパンプスで通勤しなきゃいけない時に濡れるのを防ぐ対策

更新日:

雨 パンプス 通勤

パンプスでの出勤が義務付けられてる職場ってたまにありますよね。

晴れてれば仕事だしまぁしょうがないかとも思うんですけど、梅雨とか台風とかどしゃぶりの大雨の日は「マジか・・・」と。朝からテンション下がりまくりです。

それでもやっぱりパンプスで出勤しなければいけない、という時になるべく靴や足を濡らさずに過ごすのに役立つ対策やアイテムを紹介します。

スポンサードリンク

雨の日のパンプスでの通勤はどうしてる?

出勤用のパンプスって何足もあるわけじゃないし、黒に限っていえば1足しか持ってないということも多いですよね。

しかも本皮とか良い靴はできるだけ濡らしたくない・・・革のパンプスは雨に濡れると傷んじゃいますからね。

なので、もし代わりの靴があるなら雨の日は大事な靴はとっておいて違う靴を履くのが一番!というのはわかってるんですが・・・それができないから困るんですよね。

なので、仕方なく雨の日に革のパンプスを履いて出勤しなければいけない時はできるだけの対策をして出かけます。

まず、靴用のクリームを使ってしっかり靴のお手入れをします。

靴のお手入れは雨に濡れた後にすることじゃないの?と思われるかもですが、実は雨の前のお手入れも効果的なんですよ。

靴のお手入れ用のクリームには油分がたっぷり含まれているので、靴用クリームでパンプスを磨くだけでも雨水をはじいてくれる効果があるんです。

それから防水スプレーですね。

防水スプレーは靴に水が染みるの完全に防いでくれるものではなく、撥水効果を加えるスプレーなので過信はできませんが、あるならスプレーしておいたほうがパンプス表面の水のはじきをよくしてくれます。

防水スプレーはかけすぎたりすると雨に濡れた跡に白く濡れ染みができてしまうことがあるので、至近距離で一箇所にかけすぎない様に気をつけたほうがいいです。

多少の雨ならこの程度の対策で十分な気もしますが、梅雨や台風の大雨となるとちょっと心もとないですよね。

そういうときにはこんな便利グッズもありますよ。

シリコン製で伸び縮みするようにできているので、手持ちのパンプスの上にかぶせるように履きます。

かかと部分は穴が開いているのでヒールのあるパンプスでも使えますよ。

見た目がおしゃれかと言われると微妙なところなんですが・・・黒のパンプスに被せるならそこまで目立たないです。

それに、大雨の日はみんな自分のことでいっぱいいっぱいなので通勤中の他人の足元まで気にしてません。

パンプスから取り外せば折り曲げられるので、帰りに雨がやんでればバッグに入れて持ち帰ることもできます。

値段も手頃なので雨の日用の靴をもう一足買うにはお金が足りない、という時には試してみる価値ありです。

通勤用の靴が一足しかないと難しいですが、できれば連続で濡らすのは避けたいところです。

パンプスは濡れると傷むし嫌な臭いの元にもなるので家に帰ったらしっかりと乾かすのが大事ですよ。

あと、本当に緊急の場合ですが私は以前、台風で本当に雨がひどい日に「これは絶対無理だ、靴が使い物にならなくなる」と思って、濡れても汚れてもいい古めのスニーカーで出勤したことがあります。

ただ、最寄り駅ですら職場の人に会わないだろうというくらいいつもの出勤よりそうとう早い時間に行きました。

で、誰も来ないうちに持参したパンプスに履き替えました。

これが許される職場なら、ですけど、荷物は増えますが靴をだめにして買いなおすことを思えば早起きは安いもんです。

雨でパンプスが濡れるのが嫌な時はこれ

ただ、大雨の度にこれをやるのも面倒だなと思ったので、お金に余裕がある時に雨の日用にレインパンプスを買いました。

レインパンプスは防水や透湿機能がついていて、駅の構内など濡れたフロアで転ばないように靴底に滑り止めがついているようなまさに雨の日のためのパンプスです。

値段は2千円~高いものは数万円とピンきりです。

雨の日しかはかないのにそんなに高いものはいらないなと思うのですが、あまりに安物だと縫い目や接着面から水が染みてくるのでそこそこの値段のものを買ったほうがいいです。

ちなみに、ものすごく良いレインパンプスだと靴の内側に止水シートが一枚貼ってあって隙間から雨水が染みこむ心配がないという商品もあります。

レインパンプスはエナメル素材で作られてる靴が多いです。

エナメルはプラスチックやビニールのような樹脂で皮の表面をコーティングしているので、表面からの水や汚れの染みこみがものすごく少ないというメリットがあります。

レインパンプスは普段はいているパンプスと見た目は変わらないので、雨天以外に履いても違和感がありません。

なので、梅雨の時期の雨が降るか降らないか微妙だなぁという時にすごく役立ちます。

ただ、レインパンプスを履いていても本当に雨がひどい時は足の甲が濡れてそこから靴の中まで濡れてしまうことがあります。

なので、わざわざレインパンプスにせずに、雨天専用と割り切って安いエナメルパンプスを一足買うのもありです。

雨に濡れるのはもちろん、汚れや臭いが気になるときに思い切って水でザブザブ洗えるようになるべくシンプルで飾りとかがついていないものがいいですね。

あと、ヒールなしのパンプスでもOKならラバー素材のバレエシューズもなかなか使えます。

さすがに会社の中で履き続けるのは厳しいので職場では履き替えます。

でも、雨の日が過ぎれば洗えるし、レインパンプスやエナメルパンプスよりも臭いが気になりません。

スポンサードリンク

雨の通勤の対策であると役立つアイテム

正直、雨の日にパンプスで出勤でする時はどうしても足が濡れます。

そこで気になるのがストッキングが濡れることです。靴下同様、ストッキングだって濡れたものを履き続けるのは気持ち悪いですよね。

ちなみに、ストッキングは化繊なのでひざ下の脚部分はわりとすぐに乾きます。ただ足部分は靴の中だしつま先部分はちょっと厚めになってるので乾きにくいです。靴の中もいつまでも乾かないので嫌なにおいの元になります。

臭いがしなければデスクの下でこっそり靴から足を出してれば乾くんですが、残念ながら足が臭う時は絶対に無理ですよね笑

そういう時は素足で出勤して会社のトイレでストッキングを履くか、代えのストッキングを持っていって会社で履き替えるかですね。

ロッカーや自分の席がある職場なら常にパンストの予備を一つ入れておくと荷物にならないし、うっかり忘れることもなく、伝線した時なんかにも便利です。

ついでに雑巾や新聞紙も置いておくと仕事中に濡れた靴の水を吸わせることもできますよ。もちろん、履き替えようの靴がある場合に限りますが。

雨の日のパンプスでの通勤まとめ

雨の日にパンプスで出勤する場合、どうやっても足は濡れてしまうものです。

なので対策としてはどうやったら水が染みる量を減らせて、少しでも快適に過ごせるかを考えるのが大事ですね。

大雨だと足が濡れる覚悟で出かけるしかないこともありますので、濡れてしまったパンプスのケアも覚えておくと心強いですよ。

スポンサードリンク

-仕事
-, , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.