美容・健康

雨の日の頭痛の治し方で薬以外の対処法を紹介!病院にいくなら何科?

更新日:

雨の日 頭痛 治し方

前回は雨の日に頭痛が起こる原因についてお話しました。

で、今年こそは雨が降っても快適な梅雨&台風シーズンを迎えたいとおもっているので、雨で頭が痛い、思いという時に頭痛の症状をやわらげる対処法もまとめて調べておきました♪

スポンサードリンク

雨の日の頭痛の治し方

【血流を良くする】

まずたくさんの人が雨の日の頭痛の解消法としてあげていたのが血流をよくすること。

血流がスムーズになって全身に滞りなく流れるようになると体の機能がうまく働くようになるといいます。

●少し温かめの服装を心がける

薄手のものを一枚はおったり、首・手首・足首などが隠れるようにするなど厚着をするというよりはちょっと冷えに気をつけるといった感じにしてあげます。

でも、梅雨や台風の時など気温や湿気が高くジトジトする時は無理して温めません。

エアコンなどで部屋の温度を下げる時は冷房で体を冷やさないように気をつけます。

●締め付ける服装をしない

もう一点、服装で気をつけるのが締め付けないことです。

スキニージーンズなど体にフィットした服や、ベルトやウエストのきついスカートなどは体を締め付けるので血の巡りを悪くします。

雨の日はただでさえ呼吸が浅く息苦しい感じがするのでなるべく開放感のあるゆったりとした服装にします。

●体を温める

温かい飲み物やお風呂にゆっくりつかるなどダイレクトに体を温めるのも血流改善には効果的です。

リラックスできるようにのんびりを心がけながらすると気分もホッとしますよ。

●軽く体を動かす

家にいるなら軽めのストレッチをしたり、職場なら定期的に椅子から立って伸びをしたり肩や腰をまわしたりかたまった体をほぐします。

人によってはジョギングなど軽い運動をすると良いという人もいますが、私は頭が痛い時は無理して動きません。

席を立てない時や頭が痛すぎて動けない時はひっそりと血行改善に効くといわれている爪もみをします。

【血管を収縮させる】

気圧の影響で広がった血管を押さえることで頭痛を和らげる対処法です。

●コーヒーを飲む

カフェインには血管を収縮させる作用があるといわれています。

私が試したところ、頭痛が酷くなってからよりも、症状が軽いうちや頭が痛くなる前にコーヒーを飲んでおくと頭痛の症状をやわらげられて気がします。

雨の日は外も暗く、副交感神経が優位になりやすくボーっとしがちなので、コーヒーを飲むことで目を覚ます!というか気分をシャキッとさせることもできて良かったです。

コーヒーが苦手な場合は紅茶や日本茶にもカフェインは含まれていますよ。

ちなみに、アロマオイルのミントの香りにも血管を収縮させる効果があると言われているので、飲み物を飲みたくない時は代わりにミントの匂いを嗅ぐのもありです。

【自律神経を整える】

気圧や雨の日の暗さ、湿気などで自律神経が乱れるのも頭痛の原因の一つなので交感神経と副交感神経のバランスをとることで雨の日の頭痛の改善に役立てます。

●深呼吸

鼻からゆっくり息を吸ってゆっくり吐くことでたくさんの酸素を取り込みます。

深い呼吸はそれだけでもリラックス効果があるので、深呼吸は一番手軽にできる自律神経を整える方法です。

時間があるなら軽めのストレッチやヨガもいいですよ。

●姿勢を正す

自律神経を整えるポイントが首の近くにあるそうで、首周りに障害や圧迫があると自律神経が乱れやすいそうです。

なので、首周りの神経や血管の圧迫をできるだけ減らしてあげるのも自律神経を整えるには効果があるんだとか。

私は姿勢を正したり、首のカーブが正常になるように気をつけてます。

肩や首のこりの予防にも役立ちますよ。

ただ、一日中家にいられるなら無理に体を起こさず布団でゴロゴロしています。

●首周りの筋肉をほぐす

肩や背中のストレッチ、首回し、肩回しで血流を促します。

温めたタオルを首の後ろにあてるのもこわばった筋肉を緩めてくれます。

そのままレンジで温めて何度も使えるグッズもあるし、寒い季節ならホカロンを貼ってしまうのもいいですね。

【症状を把握する】

●気圧予報にもとづく健康管理アプリ

頭痛をはじめ雨の日の体調不良の大きな原因になっているのが前回お話した気圧です。

なので、気圧の変化にあわせて自分の体調がどうかわるのか記録をつけておくと体調の管理や対策がしやすくなります。

手帳などに書き留めてもいいですが、今はスマホで使える便利なアプリがありますよ。

「頭痛ーる」というサービスで天気予報のようにこの先の気圧の変化がわかります。

頭痛が起こりそうな日を事前に把握することで予定をずらしたり事前の対策をするのに役立ちます。

雨の日の頭痛で薬を飲むなら?

こんな感じでできるだけ薬に頼らず対策をしますが、仕事の時などどうしても頭痛がひどくて我慢できないという時、最後の手段はやっぱり薬ですよね。

頭痛の場合はやっぱりバファリンなどの痛み止めが効きます。

私はどうしてもという時はバファリンを飲んでますが、友達いわく「バファリンは成分が薄い」そうで、彼女はロキソニンのほうが効くといっています。

頭痛薬を飲む場合もできれば頭が痛くなる前に飲んでおいたほうが症状を抑えることができますよ。

あと、気圧の変化が耳の奥にある内耳に影響を与える気象病の場合は車酔いの薬が効果があるとも言われています。

スポンサードリンク

雨の日の頭痛で病院にいくなら何科?

市販の薬は結構強めなので常用するのが心配な時は病院で相談するのが安心です。

雨の日の体調不良って何科に行けばいいのか悩みますが、迷ったらひとまず内科に行くのがいいですね。

症状を説明すると薬を出してくれるところもあります。

ただ、気象病は病気ではないので診察しても特に問題ないと言われることもあります。

天気の変化による頭痛や吐き気は耳の中の内耳が関係していることも多いので、内科に行って収穫がない時は耳鼻科で診てもらうと体調改善につながることもありますよ。

家の近くや職場の近くに行きつけの病院を持っていると心にも余裕ができて体調も楽になることがあります。

雨の日の頭痛の治し方まとめ

雨の日の頭痛は頭だけじゃなく気分も重くて大変なのでできるだけ症状をださずに済ませたいですよね。

なので、できれば雨が降る日や台風が来る時、梅雨の間など自分の体調の変化を記録しておいて、自分の体と雨による影響のパターンを知っておくのも予防には大切です。

雨による頭痛の予兆に気付いたら早め早めに対策をすることで頭痛を軽めに抑えることができます。

寝不足だと症状がひどくなることもあるので、雨が降りそうな時はきちんと睡眠時間を確保するのも頭痛の改善に役立ちますよ。

スポンサードリンク

-美容・健康
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.