生活・趣味

パンプスが雨に濡れた時の乾かす手順と臭い対策【体験談あり】

更新日:

パンプス 雨 濡れた

梅雨から夏にかけては急などしゃ降りや夕立が多いのでパンプスがびしょ濡れになってしまうということありますよね。

濡れたパンプスに足を入れておくって本当に気持ち悪い・・・そして何より臭いが気になります。臭くなる、絶対臭くなる、と気が気じゃなくなります。

パンプスって一度臭いが発生するとなかなか落ちないし、靴だけでなくストッキングや足にも嫌なにおいが移るのでなんとしてでも臭いの発生は避けたい!

ということで、パンプスが雨で濡れた時の臭いの原因や上手な乾かし方の手順、嫌な臭いが発生するのを防ぐ為の対策を紹介します。

スポンサードリンク

パンプスが雨に濡れた後に臭うのはなぜ?

雨に濡れた後の靴って驚くほど臭くなりますよね。しかもなかなか消えないどころか、足やストッキングに臭いが移って挙句の果てには他の靴まで臭くなるという。

そもそも雨に濡れたパンプスがあんなに強烈に臭うのはなぜなのかというと、それは雑菌の繁殖が原因です。

パンプスは通気性が悪いので足が蒸れるし汗もよくかきます。なので、当然、パンプスは汗も吸ってるし、たいていストッキングなど薄いものを履くか素足なので足についている雑菌が靴に移ります。

パンプスの中はきれいに見えても実は目には見えないたくさんの雑菌が潜んでいるんですね。ふだん靴の手入れをしていないならなおさらです。

そういった靴や足についた雑菌が雨が染みこんで湿度が上がり一気に増えることであの強烈な嫌な臭いを発生させています。

パンプスが雨に濡れた時の乾かす手順

というわけで、そんな雑菌の繁殖を抑えるためにも雨でパンプスが濡れてしまったらとにかくすぐに乾かすことが大事です。

まずタオルや雑巾などでパンプス全体の水気をざっと拭き取ります。

サイズ調整などで中敷を入れている場合は一度出しましょう。靴の乾きがよくなりますよ。

そしてパンプスの中を乾かす為に新聞紙を詰めます。

新聞紙は家の中にあるいらない紙の中で最も水の吸収が良い紙です。大きくちぎってくしゃくしゃに丸めて詰めます。

でも早く水気を吸い取りたいからといってギュウギュウに詰めてしまうとパンプスが型崩れしてしまうので気をつけてくださいね。

もしあるなら新聞紙よりキッチンペーパーのほうが吸水効果があります。

さらに、新聞紙だとインクがパンプスの内側にうつってしまうこともあるので、大事な靴で汚したくない時はキッチンペーパーのほうがおすすめです。

ただ、一人暮らしの家だと新聞もキッチンペーパーもないっていうことがありますよね。

そういう時は申し訳ないんですがコンビニなんかにおいてあるフリーペーパーをもらってきて詰めます。

パンプスがびちょびちょだと紙を詰めてもすぐ湿るのでその都度新しい紙に交換します。

ちなみに、紙で水気を吸い取る時に臭いも一緒に吸収してくれる効果もありますよ。

内側の紙を交換しつつ、外側からもパンプスを紙で包むとより早く水気を取り除けます。

パンプスの場合、つま先部分が特に乾きにくいのでつま先部分に乾燥剤を詰めてから紙を入れるとより効果的です。

家の中に干す時は湿気が下のほうに溜まるので高い場所に置くといいですね。

外が晴れたら風通しの良いところで陰干しします。

天日干しは消毒効果がありそうな気がしますが、日光にあてると革の傷みやひび割れの原因になるのでやめたほうがいいです。

パンプスがずぶぬれになった時は中まで完全に乾かすのに3日~1週間くらいかかります。

急いでいる時はドライヤーを使う手もありますが、やっぱり温風は靴を傷めるので冷風を使います。

スポンサードリンク

パンプスの臭い対策と試してみた感想

パンプスがある程度乾いてきたら次はいよいよ臭い対策です。

ちなみに、靴が濡れている時に臭い対策をしても余計に雑菌を増やすことにつながるのでまずは水気をとることを優先したほうがいいです。

さて、パンプスの臭いを消す方法はいろいろあります。

●10円玉

まず昔ながらの知恵でいくと10円玉を入れるという方法。銅イオンが消臭に役立つといいます。

試してみたんですが私は余り効果を感じませんでした。というか、そもそも靴に詰めるほどの十円玉が家にありません笑

●コーヒー

次にコーヒーの出がらしを乾燥させたもの。これも吸水と消臭効果があるって言われてます。

コーヒーを淹れた後のかすを乾燥させて100均の茶こし袋に入れたり、要らない靴下やストッキング、キッチンペーパーに包んで靴にいれます。

この方法はですね、なんというか靴と食品(かすだけど)の組み合わせへの拒否感がすごいです。パンプスの臭いにコーヒーの臭いが混じって新たな汚臭をが生まれるんじゃなかろうかと。

しかも手間がかかるんですよね。

コーヒーかすを貯めておかなきゃいけないし、日陰干ししたりレンジでチンして乾燥させなきゃいけないし。

私は家であまりコーヒー落とさないのでその点でもイマイチです。

●重曹

で、コーヒーはあまり普段使いじゃないなと思ったときに代わりになったのが重曹です。以前、重曹そうじを試すのに買ったまま大量に余ってたんですよね。

重曹も吸湿・消臭効果があって使い方はコーヒーかすと同じです。

重曹だけでパンプスに詰めても多少は臭いを吸収してくれてる感じはあったんですが、私はアロマオイルを数的垂らして使う方法がいいなと感じました。

ティーツリーとかペパーミントは香りもすーっとしていてフットケアにも使われる香りだし、除菌効果もあるのでおすすめですよ。

●アルコール

雨に濡れた靴の臭いの原因は雑菌なので消毒で除菌してしまうというのが一番理にかなった方法です。

でも・・・消毒用のアルコールってまず家にないですよね笑

一瞬、ケガした時に使う消毒液?と思いましたけど違いますね。靴の除菌で必要なのは注射の前に腕を拭くような消毒用エタノールとかです。

靴の臭い消しのためだけに消毒用アルコール買うのもなぁ・・・と思ってこの方法はまだ試してません。

家に消毒用エタノールがあるという方はお試しください、そして感想をお聞かせくださいm(__)m

●除菌スプレー

靴の臭いとりといえば除菌スプレーですよね。これは家に一本、いつも常備しています。

ただやっぱり商品によって効くものと効かないものがあるんですよね。あと、ちょっとの臭いなら消せるけど強烈に臭くなると効果がないものとか。

私はいろいろ試した結果、今はこれに落ち着いてます。

ファブリーズ系のものも試したんですが、私はパンプスの臭い消しには靴専用の除菌スプレーのほうが効果があるように感じました。

臭いがなかなか取れない時は、スプレー→陰干し→スプレー→陰干し→スプレー→陰干しとこまめに繰り返します。

あと、匂いを消したい一心でついついスプレーをかけすぎちゃうということもあると思うんですが、靴の中がびちょびちょになるほどスプレーするのは逆効果です。

●クリーニング

ブランド物のパンプスなど大事な靴の場合はクリーニングに出します。

臭いが取れるのはもちろん、見た目もピカピカになって戻ってくるので嬉しいですね。

パンプスのクリーニングの価格はお店や洗浄方法にもよりますが、安いプランで3,000円前後です。

安いパンプスなら買い換えられる値段なので本当に大事な靴の最終手段です。

あと、パンプスを自分で水洗いするのは微妙です。やっぱり靴が傷むし、そのわりに臭いがとれなかったりします。

雨の日用と割り切った安物のパンプス以外は自分で洗うのはおすすめしません。

雨に濡れたパンプスの手入れまとめ

パンプスが濡れてしまったら靴の傷み防止にも臭い取りにもまずはしっかり乾かすことが大事です。また、雨の後だけでなくふだんからパンプスの手入れをしていると濡れた後の臭いを抑えるのにも役立ちます。

靴のびしょ濡れはある日思いがけずやってくるので、あらかじめ靴の手入れ用グッズや雨の日用の靴を買っておくといざという時に慌てなくてすみますよ。

あと、レインブーツをはいて行ける職場なら一足持ってると便利です。


スポンサードリンク

-生活・趣味
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。