行事

隅田川花火大会の雨での中止はいつわかる?過去の雨の場合の注意点

更新日:

隅田川花火大会 雨 中止

せっかく気合入れて隅田川花火大会に行ったのに雨で中止とか残念すぎますよね><

近ごろは夏になると夕立を通り越してゲリラ豪雨で警報が出ることも多いですし。

というわけで、隅田川花火大会が雨で中止になる時の決定時間や発表の方法、あと、隅田川花火大会で雨に降られた時に気をつけることもまとめておきますね!

スポンサードリンク

隅田川花火大会の雨での中止はいつどこで発表される?

隅田川花火大会は誰もが知ってる東京の夏の風物詩、ということで毎年ものすごい数の人が浅草近辺に集まりますよね。

だからこそかなり気合を入れないと見に行けない。

そこで気になるのが混雑状況と当日の天気です。

混雑は我慢するにしても、せっかく人ごみの中でかけたのに雨で中止となったら残念すぎる!

で、私も毎年しっかりとチェックをしてるんですが、

まず、隅田川の花火大会は毎年7月の第4土曜日に開催されます。

なので、もしこの日に雨が降った場合は基本的には翌日の日曜日に順延ということになる。

なので、土曜日の開催は中止になっても隅田川花火大会そのものが中止になることはまずありません。

じゃあその隅田川花火大会の順延の判断はいつされるのか?というと、なんと

隅田川花火大会の当日の朝10時に決定されます。

(早っ!!)

そう、朝10時って早いんですよ。

この時間に「あ~今日は花火あげるの無理だな~」って判断できるってことは明らかにその時点で無理だとわかる状況だということ。

つまり、台風とかものすごい突風とかもはや自然災害レベルの天候で花火なんてやってる場合じゃない!という状況だったら朝の10時に順延が決まるということです。

順延の決定は隅田川花火大会のホームページにお知らせが載ります。

隅田川花火大会実行委員会事務局に電話をして問い合わせても教えてもらえますよ。

ただ、朝の時点で順延が決まることはあまりない。

し、特にここ最近の東京の夏の天気からして心配なのは夕方からふる突然の雨です。

でも朝の時点で順延の決定がないのであればたとえ夕立の予報が出てたとしても隅田川花火大会は開催の予定ということになる。

実際、小雨とか時々雨がぱらつくくらいの天気なら隅田川花火大会は予定通り開催されます。

まぁこれはどこの花火大会も同じですけど、花火大会って日程を動かすのが大変なんですよね。

交通規制をかけたり、電車のダイヤが変わったり、警備員を増やしたり、お客さん以外にもたくさんの人が動きます。

さらに隅田川花火大会ともなればたくさんの大企業がものすごい額の協賛金を払ってたりする。

隅田川花火大会の予算は1億9800万円とも言われています!


(すげー!!)

そして毎年お決まりのテレビ東京の生中継も決まってる。

というわけで、隅田川花火大会はそう簡単には動かせないわけです。

なので、よっぽどのことがなければ隅田川花火大会は予定通り開催されるのでお天気が心配でもとりあえず浅草にGOしましょう。

隅田川花火大会の中止は過去1度だけ

いやいや、そんなこといってせっかく行って中止になったらどうしてくれるんだ?と思うかもしれない。

けどね、

実これまで何十年の歴史の中でも

隅田川の花火大会が中止になったの

たった1回だけなんですよ!

そう、まだうっすらと記憶にも残っているあの2013年の大雨の時です。

2013年の隅田川花火大会は予定通り始まったんですけど、開始30分で尋常じゃない大雨が振り出し・・・

その後、東京には大雨洪水警報やら雷注意報が出てまさに「花火なんてやってる場合じゃねー!」って状況になってそのまま中止になっちゃったんですよね。

この時はフリーアナウンサーになったばかりの高橋真麻さんがどしゃ降りのなかで中継を続けたり、テレ東が延々と昨年の花火の映像を流したり、話題になりましたよねw

隅田川花火大会が中止になったのはこの一回だけなんです。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の雨の場合の注意点

というわけで、ゲリラ豪雨とか異常気象が増えてきている昨今、隅田川花火大会で気をつけたいのは

当日夕方からの雨というわけです。

雨予報が出てたとしても基本、隅田川花火大会は開催する方向なのでひとまず浅草まで行きますよね。

そんな雨の予報が出てる時に隅田川花火大会で気をつけたいポイントがこれです

隅田川花火大会の会場周辺は雨宿りする場所がない

隅田川花火大会の会場は川。

会場近くで見ようと思えば土手とかその脇の道路に場所取りするわけです。

となると、もうこれは考えてみれば当然なんですけど、隅田川花火大会の会場近くは屋根のないエリアばかり!

そんなところに何十万という人が集まるわけなので雨に濡れるのは必至です。

建物に近いところにいる人は商店街の軒先やマンションの入り口などに駆け込めます。

が、そこに入れるのは極わずかな人だけだし、そもそも、土手なんかにいたら人が多すぎてすぐには移動できません

あと、浅草近辺の飲食店は隅田川花火大会の日はもともと人でいっぱいなので雨宿りで入るのはむずかしい。

だから、隅田川の花火が始まった後に大雨が振り出したらもう確実に濡れます

2013年の大雨の時は敷物のレジャーシートを頭からかぶってる人がたくさんいましたよ。

隅田川花火大会の雨で電車が激混み!

隅田川花火大会では毎年、花火が終わってからの駅の混雑がものすごいんですが・・・

突然の雨に降られると駅は本当にパンクします!

隅田川花火大会の人出は1日で90万人とも言われています。

その大量の人が雨でいっせいに駅に殺到すると・・・

当然駅に入れない。

隅田川花火大会の打ち上げ会場に近い浅草駅や田原町駅では入場規制が行われます。

それどころか、民族大移動なみに大勢がいっせいに集団で移動することになるので

駅にすらなかなかたどり着けません

隅田川花火大会の会場周辺は交通規制がかかってるので道は広いけど人がいすぎてスタスタなんてとても歩けない。

車は入ってこられないので当然、タクシーにも乗れません。

というわけで、隅田川花火大会で大雨に降られたら屋根のあるところにも行けず、駅にも行けず、土手や道路で濡れるしかないという状況です・・・


(混みすぎてて傘はじゃまになるよ)

隅田川花火大会の雨では浴衣の透けに注意!

で、大雨に濡れたところで真夏だし即凍えるってことはないので開き直って濡れちゃう人もいると思うんですけど

気をつけたいのは浴衣で出かける女子!

雨に濡れて大事な浴衣がダメになる、というのはもちろんなんですけど、もっと大変なのが白や淡い色の浴衣を着てる人、

これ、確実に下着が透けちゃいます!

浴衣は布地が薄いし、胴回りは体にピタッとくっついてるので透けると下着が丸見えになっちゃうんですよ。

これは花火大会の会場まわりでも恥ずかしいけど、電車での移動中とか地元を歩いてる時はもっと恥ずかしいです・・・

こういう浴衣用の下着をちゃんと着てればまだましですけど

それでも透けてしまうこともある・・・

なので、下着はベージュやモカなど透けてもわかりにくい色のほうが安心です。

そして、浴衣の時の雨対策で大事なのはとにかく濡れないこと!

和装の時に着る専用のレインコートもあります

が、隅田川の花火大会のためだけに買うのはもったいないですよね。

そういう時はポンチョタイプのすっぽりかぶれるタイプのレインコートを持っていくと安心です。

浴衣にポンチョ型レインコートって似合わないけど、それが必要なくらいの大雨なら誰も人の装いなんて気にしてませんw

ふつうのレインコートだと浴衣の袖が邪魔で腕を通せないので気をつけてくださいね。

レインコートがない人の中には手持ちのストールを羽織ってる女の子もいました。

でも、ストールだと腰辺りまでしか覆えないのでお尻が雨に濡れてパンツが透けちゃってるという残念な結果に・・・

やっぱり雨具はあったほうが安心、それかやっぱり地面に敷いてたレジャーシートを羽織るかですかね。

浴衣は体に張り付きやすいので特にですが、洋服でも白い服や体に沿うようなタイトな服の場合は気をつけたほうがいいですよ。

隅田川花火大会の雨での中止まとめ

隅田川花火大会で中止の発表がされることはまずありません。

多少の雨なら隅田川花火大会は予定通り行われるので、雨対策をして会場に向かってくださいね~

雨が心配だから会場近くは避けようという方は隅田川花火大会の穴場情報も参考にどうぞ

スポンサードリンク

-行事
-,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.