生活・趣味

台風の窓対策でマンションできるのはこれ!ガラスの飛散防止グッズ

更新日:

台風 窓 対策

マンションに住んでいると台風の被害でまず心配なのが窓ガラスが割れることですよね。

万が一、台風で一人暮らしの部屋の大きなガラスが割れてしまったら大変・・・

ということで、私がやっている賃貸マンションでできる窓ガラスの台風対策がこれです。

スポンサードリンク

台風の窓の対策でまずやるべきこと

最近は異常気象で大型の台風も増えているし、今までと違った進路を通る珍しい台風もありますよね。

もう、ほんと、自然災害は何が起こるかわからない・・・

ということで、大型台風が直撃するという時は対策をしようと思ったわけです。

わが家はマンション住まいなので台風の被害で一番心配なのが窓。

台風で窓ガラスが割れるんじゃないか!?

と思うと怖いですよね。

特に大きな窓の横にベッドがあると寝る時も気が気じゃない・・・

というわけで、台風が直撃する時は念のため窓の対策をしています。

台風の時の窓ガラスの対策は大きく分けて2つ。

まず一つ目が台風の時の窓の外側の備え。

戸建てであればシャッターや雨戸を閉めておくというのが常識。

でも賃貸マンションで窓にシャッターや雨戸がついてる物件って東京じゃまずないですよね。

持ち家だと大型台風の時は窓枠に板を釘で打ち付けて窓を塞ぐなんて対策もありますけど賃貸マンションではこの方法はまず無理。

ベニヤ板はテープで留めたくらいだと台風の強風にあおられて飛ばされてしまいます。

飛ばされた板が余計な事故を起こす可能性があるからテープで板を留めるのは絶対やめたほうがいいです!

なので、賃貸マンションでは外側から窓を塞ぐという対策はまずとれない。

そこで台風だけど窓に雨戸のない賃貸物件の窓の対策で大事になるのが

ベランダにあるものを片付けておくことです。
ちなみに、台風の風はかなり強風ですが、台風で窓が割れる時は風が吹きつけた風圧だけで窓ガラスが割れるということはそうそうありません。

台風の風で窓ガラスが割れる場合は強風で飛ばされた物が窓にぶつかってガラスが割れるというのがほとんどです。

なので、物干し竿や洗濯用の小物を入れたカゴ、植木鉢などベランダにおいている物を部屋の中に入れておきます。

植木鉢なんかは風に煽られて階下に落ちたら他の部屋の何かを壊したり、人にぶつかる可能性もある・・・

想像しただけで怖すぎます

もし部屋にしまえないようなものがあるならロープでしっかり固定しておくのが大事です。

台風でマンションの窓が割れるのを防ぐには?

台風の時の窓ガラスの対策のもう1つが部屋の内側からの窓ガラスの補強です。

といっても、自分でできる対策なのでわずかな差で強化とまでは言い難いですがやらないよりはましという感じですね。

そこで一番簡単にできるのが

台風の時に窓に粘着テープを内側から貼るという補強です。

粘着テープはいろいろありますが、私が使って感じたのは

台風で窓に貼るなら強度でいったら布テープ、剥がしやすいのは養生テープです。

布テープは粘着力が強くテープ自体もしっかりしているので安心。

粘着力が強い分、テープを剥がす時にノリが窓ガラスに残ってしまうことがあります。

一方、引越しなどでも使われる養生テープは剥がしやすくガラスや家具などに貼り付けてもあとが残らないので便利です。

養生テープはこういうのです

養生テープと同じで剥がしやすいという点では台風の時に窓にマスキングテープを貼るという手もあります。

ただ、窓が大きいとかなりの量を使うので細いマスキングテープだと正直あまり役に立ちません。

あと、一番家にあるのがガムテープだと思うんですけど・・・

ガムテープははがすのが本当に大変!
シールを剥がした後みたいになるので油とか除光液とかドライヤーとかいろんな技を駆使して窓ガラスを掃除することになります・・・

で、台風の備えの窓へのテープの貼り方の基本がこれ

t台風 窓 ガムテープ 貼り方

大きな窓ガラスは真ん中が一番強度が弱く割れやすいです。

なので、斜めにクロスさせて、さらに十字でテープを貼ることでガラスの真ん中を一番テープが通るように貼り付けます。

より細かく区切った方がより効果的です。

で、

台風の時に窓にガムテープなどを貼る効果のほどなんですが・・・

もうほんと、微々たるものですが多少はガラスの強度の割り増しになるかなと。

ただ、これをしておくと万が一、窓ガラスが割れてしまった時にガラスが飛び散るのを防げます。

台風で窓ガラスが割れるとかなり慌てるし大変なことになります。

なので窓ガラスが割れたときに被害を抑える対策はいざという時には本当に助かりますよ。

スポンサードリンク

台風の窓の飛散防止に役立つアイテム

窓ガラスの台風対策でテープの他に窓ガラスが飛び散るのを防ぐのに役立つグッズを紹介しますね。

台風で窓が割れた時にガラスの飛散を防ぐフィルム

その名のとおり窓ガラス用の飛散防止フィルムというのが売られています。

窓全体に貼れるので万が一、窓が割れてもガラスの破片が飛び散らないので本当に安心。

UVカット機能のついたものもあるのでふだんから窓に貼りっぱなしにしておいても役に立ちます。

ただ、ガラスの種類によっては飛散防止フィルムを貼れない窓ガラスもあるので購入前にしっかり確認した方がいいです。

お金を出してもいいなら飛散防止フィルムを使うのが一番確実だし楽です。

急な台風ならサランラップで応急処置!

忙しくて台風対策ができなかった!という時に役立つのがサランラップ

粘着力は弱いですがサランラップを窓に貼り付けておくだけで飛散防止シートのかわりになりますよ。

養生テープを貼った上からサランラップを貼っておくと割れたガラスの飛散防止の効果がアップします。

台風で窓の備えといえばダンボール

窓ガラスを割らない、ということであれば台風に備えて窓の外側にダンボールを貼りたいところ。

なんですけど、やっぱりそれは台風の強風で段ボール飛ばされるのが心配。

ということで、部屋の内側から窓に貼り付けておきます。

ガラス面を全てダンボールで埋めておけば、万が一、窓ガラスが割れても室内側に窓ガラスが落ちることはありません。

ただ、窓が割れた後そのままにしておくと台風の雨でダンボールがふやけてきてしまうので窓が割れたらビニールを貼るなど他にも応急処置が必要になります。

台風の窓ガラス対策まとめ

台風の窓ガラスへの対策に必要なアイテムが家に何もない!という時は必ずカーテンを閉めておくことです。

もしガラスが割れてもカーテンを閉めておけばいきなり部屋に割れたガラスが散らばるのは防げます。

あとは台風でも窓が割れないように祈るばかり・・・

万が一、台風で窓ガラスが割れたときの応急処置についてはこちらをどうぞ

台風で窓ガラスが割れた時の保険についてはこちら

スポンサードリンク

-生活・趣味
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.