おでかけ・旅行

入間航空祭でブルーインパルスを見るなら何時に行く?初めての航空祭

投稿日:

入間航空祭 ブルーインパルス 何時に行く

入間航空祭は都心から行きやすいので初めて航空祭に行く人も多いですよね。

お目当てはやっぱりブルーインパルス!

でも入間航空祭は混雑がすごいし、ブルーインパルスを見るならやっぱり場所取りしないとダメなのかな?と気になりますよね。

そこで、入間基地航空祭でブルーインパルスを見るには何時に会場に行けばいいのか私が気をつけてることを紹介しますね。

スポンサードリンク

入間航空祭でブルーインパルスを見たい!

入間基地は池袋から1時間かからずにいけるアクセス抜群の航空祭なので都民には嬉しいですよね。

往復1,000円足らずで航空祭を見に行けるのはなんとも魅力的です。

だから入間航空祭は初めて航空祭に行くという人も多いですよね。

初めての航空祭だと楽しみなのはやっぱりブルーインパルス!

何はなくともブルーインパルスだけは絶対に見たい!!という人も多いです。

そこで心配になるのが入間航空祭の混雑。

都心から近いだけあって入間基地航空祭は毎年20万人以上の観客が見に行くので会場はものすごい人になります。

だからこそ、せっかく航空祭に足を運んだのに混みすぎててブルーインパルスが見られなかったらどうしよう?と心配にもなりますよね。

ここで大事になるのがブルーインパルスの何を見たいのか?です。

何が見たいって何のこと?という方はまずこちらをどうぞ

というわけで、駐機しているブルーインパルスの前に陣取って前列でブルーインパルスを見たいのか、飛行展示で空とぶブルーインパルスが見たいのか?

それによって航空祭に行く時間も変わります。

入間航空祭は何時に行く?開門から行きたい時

で、地上展示で駐機しているブルーインパルスの前に陣取って前列でブルーインパルスを見たい場合。

これは航空祭初めての人にはなかなか厳しいです、特に入間では。

そうとうの気合と鋼のメンタルが必要

(;・`д・?)ゴクリ...

というのも、入間航空祭は毎年ブルーインパルスが飛ぶし、東京から手軽に行けるのでブルーインパルス目当ての気合入ったファンも多いんですよ。

なので、地上展示で駐機しているブルーインパルスの前は開門ダッシュで取り合う感じ・・・

入間航空祭の開門時間はだいたい7時ごろです。

ここで、「おっけー、7時に行けばいいのね!」と思ったら大間違い。

最寄り駅の稲荷公園駅は航空祭の日は朝の6時前から大きなリュックやカメラを背負った人がわらわら。

改札を出て入門ゲートに向かうとそこには既に100人以上はいようかという長蛇の列ができているのです。

(・△・;)やべぇ

池袋からの西武池袋線の始発電車に乗って稲荷山公園駅に向かうと到着するのは朝6時前くらいです。

なので、この時点ですでゲート前に並んでいる人たちは西武線の保谷より下りの駅から乗ったか、車で来てるか、近所に宿泊したか、前日からの徹夜組ということになります。

さらにですね、頑張って前のほうの場所を取れたとしてもそこからがまた大変で・・・

ブルーインパルスが飛ぶのはいつも午後の13時過ぎ。

それまでずーーーーっとその場にいないといけないわけですよ。

誰かと来ている人は交代でトイレや買い物にいけますが、1人できてる人は大変です。

荷物だけ置いてその場を離れる人もいなくはないですが、ものすごい人なので荷物をどかされてもどうにもできません。

ちなみに、入間航空祭は会場となるエプロン地区でのレジャーシートは使用禁止です。

というわけで、初めて入間航空祭に行く人がブルーインパルスの前の場所取りに参戦するって結構ハードなんですよ。

正直、場所取りしてる人が邪魔で後から来た人は地上展示されてるブルーインパルスを見に行くのもできないくらいですから。

なので、入間航空祭はブルーインパルスの地上展示の見学や写真撮影には向かない航空祭なんです。

スポンサードリンク

入間航空祭に初めて行くなら

というわけで、初めて入間基地の航空祭に行くなら無理せずにまずは空を飛んでるブルーインパルスを楽しむのがおすすめです。

入間基地航空祭では朝は一度改札を出てゲートに向かうんですが、8時半頃から臨時改札が開きます。

この臨時改札を通るとホームから直接、入間基地の中に入れますよ。

そして、稲荷山公園駅が一番混雑するのが9~10時台くらいです。

早すぎず、かつ、午前中から航空祭をゆっくり楽しみたいという人が多い時間帯なのでホームから飛行機が展示されてるエプロン地区までの道も混みあいます。

ホームがすでに人ごみなのでまず改札から出るのにちょっと時間がかかります。

稲荷山公園駅からエプロン地区までは600mほどの距離で、ふつうに歩けば10分かかりません。

でも航空祭の日はものすごい人なのでこのわずかな距離を歩くだけで30分くらいかかることもあります。

orz ぐったり

さらに、会場までの道の混雑は昼頃から本当に大変なことになります。

エプロン地区に出る手前にT字路になっている場所があるんですがそのあたりが通勤ラッシュ状態!

午前のプログラムが終わってグッズやお昼を買いにエプロンから売店に戻ってくる人と、駅方面から会場に向かう人でごった返します。

狭い通路なのでこのあたりを抜けるのがほんとに大変・・・

なので、ブルーインパルスだけが目当てだったとしてもブルーインパルスの飛行展示が始まる直前に駅に着くようだと間に合いません。

遅くとも12時くらいには稲荷山公園駅についているくらいが安心です。

ブルーインパルス以外にも空いてる地上展示や売店で売られているグッズ、パラシュート降下の飛行展示なんかも楽しみたいなら8時台に行くのがいいですね。

混雑した会場に長くいたくないということであれば入場のピークが過ぎた11時頃がおすすめです。

ブルーインパルスが飛ぶまでに2時間ほどありますが、ご飯を食べてトイレに行って会場に移動してとやってるうちにあっという間に時間が過ぎちゃいますよ。

まぁそれくらい何をするにも時間がかかるということです笑

入間航空祭に行く時間まとめ

入間基地の航空祭は本当に人が多いのでブルーインパルス前の場所取りはめちゃくちゃ大変です。

はじめて航空祭に行くなら入間では空を飛ぶブルーインパルスを楽しんだほうが安全だし気が楽。

入間基地航空祭の混雑は想像以上なので失敗がないようにこちらも参考にどうぞ

スポンサードリンク

-おでかけ・旅行
-, ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.