美容・健康

ハトムギ化粧水を使ってみた!乾燥肌への感想とニベアと使う効果は?

更新日:

ハトムギ化粧水 使ってみた

話題のハトムギ化粧水を使ってみた感想です♪

ナチュリエのハトムギ化粧水を乾燥肌に使った時の使い心地や効果的な使い方、口コミなどで評判の「ハトムギ化粧水とニベア」の組み合わせも試してみました。

参考にどうぞ。

スポンサードリンク

ハトムギ化粧水を使ってみた!

ブログとかSNSを見てるとちょいちょい見かけるハトムギ化粧水

私としては、なんか見た目がパッとしないけどハトムギ化粧水って今流行ってるんだなぁ~くらいに思ってました。

この時点では使う気0。

だったんですが、ひょんなことからハトムギ化粧水を手にすることになりました。

そのきっかけになったのがこれ

思わぬ金欠に見舞われて手元に現金がほとんどない・・・

クレジットカードを使えば買い物できるけど、いま現金主義への移行途中なのでここでカードを切るのは私のポリシーに反する。

というわけで、必要な物もあまり買わない質素な暮らしをしていたわけですが、そんな生活の中でもどうしても買わずにはいられない物・・・

それが基礎化粧品です。

さすがにこればっかりは無しでは済ませられない。

特に乾燥がひどくなる11月に化粧水なしで過ごすなんて乾燥肌の私には

自殺行為

ハトムギ化粧水 使ってみた

というわけで、化粧水だけはどうしても買いたいなと。

で、近所のドラッグストアでできるだけ安くて量がたくさん入ってるコスパのいい化粧水を探してみました。

プチプラ化粧水があるエリアの棚を隅から隅まで見回す私。

ふだんなら目もくれない陳列棚の一番下で見つけたのがハトムギ化粧水でした。

これはこれは、今、地味に話題のハトムギ化粧水ではないか、と手にとってみる。

床に近い一番下の段だから仕方ないんだけど、うっすら埃をかぶっている・・・

生で見てもパッケージはやっぱりパッとしないw

でもこれ

ハトムギ化粧水 使ってみた

@コスメで1位とったよ!」とこれ見よがしに宣伝している。

そしてこのナチュリエのハトムギ化粧水、値段がとにかく安いのだ。

500mlという大容量でありながらボトルに記載された定価は650円。

それでも十分安いんだけど、私が行ったサンドラッグではなんと税込み505円という衝撃的な安さ!

この安さ、今の私にはありがたすぎる値段

。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。

品質や効果に若干の心配はあるものの、一応メイド・イン・ジャパンだし、この破格の値段にはあらがえない!!

ということでナチュリエのハトムギ化粧水を買ってみることにしました

ナチュリエのハトムギ化粧水を乾燥肌に使った感想

で、家に帰ってから改めてネットでハトムギ化粧水の口コミをしっかり見てみる。

うむ、プチプラ化粧水なだけあって賛否両論が入り乱れている。

でもまぁ買ってしまったし、ひとまず使ってみるかと。

ナチュリエのハトムギ化粧水はこんな感じで

ハトムギ化粧水 使ってみた

薄い乳白色の液体です。

手に出してみるとものすごくサラサラ

ハトムギ化粧水 使ってみた

匂いはほとんどない

うっすらと独特の匂いがする、でも、こういう匂いと表現しにくい。

薬品といえば薬品のような独特な匂い。

刺激臭って程じゃないしほんとにちょっと香る程度です。

まぁでもボトルの記載によるとナチュリエのハトムギ化粧水は無香料、無着色、低刺激ということなので色も香りも自然?なのかなと。

ハトムギ化粧水 使ってみた

で、洗顔後の顔に実際につけてみた。

ナチュリエのハトムギ化粧水の使い心地はものすごーくさっぱりサラサラ!

コットンに染み込ませて顔につけてみたけどこれだとあっという間に乾いちゃうので手に出してパシャパシャのばしてみました。

ハトムギ化粧水 使ってみた

「みずみずしくさっぱり」とか「みずみずしい使用感」と書かれてるけど、もはや水なのでは?と思うくらい軽いテクスチャー。

そもそも化粧水って水に近いものだけど価格が安いものほど製造の時の水の量が増えるもんですからね・・・

ただ、ハトムギ化粧水と同じプチプラ化粧水の「肌水」なんかと比べると肌水のがもっと水、ハトムギ化粧のが良さそう。

ハトムギ化粧水が乾いたあとの肌触りももちろんサラサラ

ですが・・・乾燥肌の私にはかなり心もとない使い心地!

確かに、洗顔後に何もつけずにいる時のヒリヒリする感じはなくなる。

でも、早く乳液とクリームをつけなきゃまずい!という心配を感じるくらいハトムギ化粧水はライトな使い心地です。

ひとまずハトムギ化粧水を試す1回目なのでこの時はそのまま乳液とクリームで終えてみました。

けどやっぱりこの使い方だと化粧水での水分補給が足りなかったなぁという印象。

ハトムギ化粧水の使い方のワンポイントアドバイスでもたっぷりつけてもべたつかず、重ねるほど肌になじみとあるのでそうした方が良さそう。

ということで、次に使う時はハトムギ化粧水をティッシュに染み込ませてパックしてみました。

3分ほどおいてはがすと確かにハトムギ化粧水が肌になじんだ気がします。

手やコットンでつけたときよりだいぶ肌が潤ってる気がする。

パックはティッシュが乾く前にはがすのがポイントです。

ただ、乾燥肌の私としてはハトムギ化粧水のおかげで肌が特別潤うかというとそんなことはない。

けど、ハトムギ化粧水の上に乳液とクリームで蓋をすれば乾燥肌で季節が冬でもまぁいけるかなという感じ。

乳液とクリームのケアは必須ですね。

ナチュリエのハトムギ化粧水は500mlが500~600円で買えるコスパの良い商品だし、本当にバシャバシャたっぷり使ったほうがいい。

スポンサードリンク

ハトムギ化粧水とニベアの効果は?

あと、ハトムギ化粧水+ニベアで美肌になる!という口コミもたくさん見かけたのでこれも効果の程を試してみました。

まずはじめは評判どおり、ハトムギ化粧水でパックした後にいきなりニベアクリームをぬってみました

ニベアクリームを顔にぬるって最初ちょっと抵抗があったんですけどぬってみると意外といける。

私は乾燥肌なのでしっかりとしたクリームのニベアを塗ることで一安心。

しかもちゃんと伸ばせばべたつきも少ない。

けど、ハトムギ化粧水とニベアだけだと乾燥肌の私としてはやっぱりちょっと保湿の面で足りない気がしちゃうんですよね。

ということで、ハトムギ化粧水の次に乳液(無印のさっぱりタイプ)をぬってからニベアをぬってみました

乳液を挟むことで保湿力が少し補強されたかなと。

ナチュリエのハトムギ化粧水はめちゃくちゃさっぱりしてるので乳液とニベアクリームを重ねても全然ベタベタしません

で、その組み合わせで数日試してみたんですが、肌への効果としては

余計なテカリが抑えられた

という感じ。

これまで夜はしっとり系のパックと乳液、クリームでスキンケアしてたんですけど、朝起きると乾燥しやすい頬はいい感じにしっとりでもTゾーンは油でベタベタテカテカだったんですよね。

それが、夜のスキンケアをハトムギ化粧水、乳液、ニベアに変えたらそのテカリやべたつきがおさまったんですよ。

これは地味に嬉しい

ハトムギ化粧水 使ってみた

基本、乾燥肌の私だけどやっぱり30代となるとTゾーンの脂っぽさは気になっていて。

かといってスキンケアを全部さっぱりにすると頬や目の周りが乾燥しちゃう・・・

ハトムギ化粧水、乳液、ニベアだと乾燥しやすい部分はしっかり守られて、脂の多いところは控えめのちょうどいい感じ。

私はニキビなどの肌トラブルはもともとそんなになかったのでそのあたりの効果はわからないんですが、肌の調子はいい感じになってます。

で、これは基礎化粧品をものすごくシンプルにしたのが良かったみたいです。

ハトムギ化粧水は低刺激性で余計なものをいれず水に近いようなアイテム。

ニベアも主にミネラルオイルやワセリンで作られた肌に刺激の少ないクリームで、肌になじむというより水分の蒸発を防ぐ保湿力が高いアイテム。

ハトムギ化粧水とニベアで美肌になるというのは刺激の少ないシンプルな基礎化粧品を使うことで肌が整ったということかなと。

つまり、これまで使ってた基礎化粧品が肌にあっていなかったり、余分に使いすぎていたりしたのかなぁと。

サラサラの使い心地のハトムギ化粧水をたっぷり使って肌に水分を補充し、それが乾かないように保湿力抜群のニベアで蓋をするという組み合わせがいいんだなと感じました。

私の場合、そこに無印の敏感肌用のさっぱりタイプの乳液をプラスしてますが冬の乾燥肌にはそれがちょうどいいです。

数日で肌の調子が変わったのでしばらくこの組み合わせを試してみようと思ってます。

ハトムギ化粧水を使ってみた感想まとめ

乾燥肌の人がハトムギ化粧水を使うとかなりさっぱりの使い心地でそれだけだと物足りない感じはあると思います。

ただ、ハトムギ化粧水がサラサラな分、乳液やコクのあるクリームを重ねてもべたつかないので保湿対策はしやすいかもです。

値段が安いのでたっぷり使えるしスキンケアをちゃんとできる人なら使い勝手はいいと思います。

あと、ハトムギ化粧水は肌への浸透を高めることができるそうなので、他の化粧水の前につけるプレ化粧水として使うのもいいようです。

乾燥肌におすすめの基礎化粧品はこちらも参考にどうぞ

しっとり派

さっぱり派

スポンサードリンク

-美容・健康
-, , , ,

Copyright© 30代のガールズトーク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.